おすすめ動画編集スクール

動画編集を独学で勉強する方法・学習ロードマップ!何から始めるべきか

動画編集を独学で勉強する方法・学習ロードマップ!何から始めるべきか

「動画編集を独学で勉強したいんだけど、何から始めるべき?」

「学習ロードマップが知りたいな」

「独学でも稼げるようになる?」

 

このように思っていませんか?

 

結論、動画編集は独学でも習得できますし、稼ぐことも実現可能です。

 

そこでこの記事では、動画編集を独学で学びたい方向けに、動画編集の独学で必要な知識を全て詰め込みました。

 

この記事を読んで行動すれば、あなたも動画編集を身につけ、個人で稼ぐことも実現していけるでしょう。

 

動画編集は独学でも習得できる3つの理由

動画編集は独学でも習得できる3つの理由

 

動画編集が独学でも習得できる理由は大きく3つです。

 

  1. 動画編集は未経験でもスキルを身につけやすいから
  2. 動画編集を独学で学ぶ環境が整っているから
  3. 動画編集は独学で身につけた人も実際に多いから

 

1. 動画編集は未経験でもスキルを身につけやすいから

動画編集が未経験でもスキルを身につけやすい点は、独学でも習得できる大きな理由です。

 

世の中にはいろんなスキルがありますよね。例えばWebデザイン、Webマーケティングなどは人気のスキルです。

 

とはいえ、これらのスキルの問題は「スキル習得までに時間がかかること」です。

 

その点動画編集は、求められるスキルがそこまで高くありません。正しい勉強法で学べば3ヶ月〜半年という期間でも、必要なスキルは習得できるからです。

 

これから動画編集を独学で始める方にとって、難易度の低さは重要です。その点動画編集は難易度が低いため、初心者にまさにぴったりなのです。

 

2. 動画編集を独学で学ぶ環境が整っているから

動画編集を独学で勉強したいと言っても、独学で学ぶ環境が整っていないと、初心者だとなかなか難しいです。

 

その点動画編集は「独学で学ぶ環境が整っていること」が特徴です。

 

独学で学ぶ環境はありますので、あとは自分の頑張り次第で成果を出すことができます。

 

具体的な勉強法は3つあり、この記事で紹介しますね。

 

3. 動画編集は独学で身につけた人も実際に多いから

さらにいうと、動画編集は独学で身につけた人も実際に多いです。

 

次の項目で「独学で稼げるようになった方の事例」を紹介しますが、実際に独学で習得している人がいる事実は、動画編集は独学でもできる何よりの証と言えるでしょう。

 

未経験から動画編集を独学で学び、収入を得ることは可能?

未経験から動画編集を独学で学び、収入を得ることは可能?

 

結論、自分次第ですが、独学でも十分可能です。なぜなら、未経験から独学で稼げるようになった人は多く存在するからです。

 

【事例】動画編集を独学で学び、収入を得られるようになった方々

これについては「実際の事例」を見た方がイメージがつくと思いますので、動画編集を独学で学び、稼げるようになった方々の声を紹介しますね。

 

 

このように、独学で稼げるようになった方々は実際に存在するのです。

 

一方で「自分次第で稼げる」というのは、動画編集の独学は、途中で挫折してしまった人も同じく存在するからです。

 

とはいえ、稼げるようになった方々の声の通り、頑張り次第で独学でも稼げるようになることは、動画編集の大きなメリットだと思いますよ。

 

動画編集の稼ぎのリアルについては、以下記事で詳細をチェックしてみてください。

 

関連記事動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ

 

動画編集スクールと独学、どっちがいい?

動画編集スクールと独学、どっちがいい?

 

動画編集を独学で学ぼうと考えている方の中には、「動画編集スクールを利用するのと、独学で学ぶの、どっちが良いのかな…?」と悩んでいる方がかなり多いです。

 

結論正解はないですが、次の選び方がおすすめです。

 

  • 最短かつ確実に稼げる未来を手に入れたいや、勉強法で迷っているかた:動画編集スクールを利用する
  • 時間がかかっても、挫折する可能性があっても、お金をかけずに学びたい:独学で学ぶ

 

迷う方は動画編集スクールを利用した方が確実

動画編集スクールか独学かで迷っている方は、動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選比較【評判・口コミがいい】で紹介しているような動画編集スクールを使った方が確実です。

 

なぜなら動画編集スクールを使うと、勉強法が全くわからない方でも、正しい勉強法で学習をスタートできるからです。

 

加えて、動画編集スクールの場合、学習でわからないことが出てきたとき、いつでもプロの動画クリエイター講師に質問できます。

 

さらに、動画編集スクールは、プロの動画クリエイターから現場ですぐ使える技術を学べるだけでなく、動画編集者として案件を受注する方法や、クライアントとうまく関係を築いていくノウハウまで、トータルでサポートを受けることも可能です。

 

技術から案件受注までトータルでスキルを身につけられるからこそ、独学した人と、動画編集スクールに通った方では、スタート地点で大きく差が開いてしまうのです。

 

もちろん、動画編集スクールは「お金がかかること」はデメリットとしてあります。ですが、スクールで体系的に技術やノウハウを学べば、通常でも3ヶ月、早い人だと1ヶ月程度で、個人で初受注している方も少なくないです。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

動画編集は独学だと時間がかかることを認識する必要あり

一方で、お金のかからない独学にメリットを感じる方もいるでしょう。

 

その場合は、独学で勉強を始めてみると良いでしょう。実際に独学で動画編集を習得し、稼げるようになった方もいるからです。

 

ただ、動画編集は独学でも習得できるとはいえ、相応に時間や労力がかかることは認識しておく必要があります。

 

なぜなら独学だと、わからないことを聞く相手がおらず、全部自分一人で解決しないといけないからです。

 

例えば、プロに質問すればたった1分で解決するようなことも、独学だと1時間、2時間と時間を無駄に消費してしまうことも多いです。

 

加えて、そういった壁に何度もぶつかると、その都度「挫折したい気持ち」も強くなるものです

 

動画編集は独学でスキル習得できるとはいえ、「独学で誰でも、たった1ヶ月でスキル習得!」ということは、まず期待しない方が良いです。

 

むしろ、最低でも3ヶ月、通常半年間は、期間を見ておくと良いでしょう。

 

このように、独学は時間をかけながら、何度も壁にぶつかりながら学んでいくものです。その認識を最初に持っておくことが必要です。

 

動画編集の習得までの時間は「動画編集を習得するまでの勉強時間・学習期間は?初収益を得るまでの期間も解説」で解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

動画編集の独学で身につける必要のあるスキル

動画編集の独学で身につける必要のあるスキル

 

動画編集で必要なスキルは大きく2つです。

 

  1. 動画編集の基本的なスキル
  2. 動画編集ソフトを扱うスキル

 

「動画編集の基本的なスキル」とは、以下のようなものです。

 

  • テロップ作成
  • カット編集
  • BGM/効果音挿入
  • アニメーション作成
  • カラーグレーディングなど

 

動画をカットする、動画のテロップを作成する、アニメーションを作るなど、動画を編集する際に使うスキルが必要です。

 

一方で「動画編集ソフトの使い方」とは次のような技術を指します。

 

  • Adobe Premier Proの使い方
  • After Effectsの使い方
  • Final Cut Proの使い方
  • Davinci resolveの使い方

動画編集ソフトはいろんな種類がありますが、中でも「Adobe Premier Pro」「After Effects」は最も多く使われる動画編集ソフトです。

 

動画編集ソフトはたくさんありますが、動画編集を独学で始めるなら、Adobe Premiere ProやAfter Effectsから学ぶことがおすすめです。

 

動画編集を独学で学ぶ3つの方法・種類

動画編集を独学で学ぶ3つの方法・種類

 

動画編集を独学で学ぶ場合、方法は大きく3つあります。

 

  1. 本で勉強する
  2. Youtubeで勉強する
  3. オンライン動画教材で勉強する

 

1. 本で勉強する

本の評価
体系的に学べるか
(4.0)
わかりやすいか
(3.5)
費用は安いか
(4.0)
総合評価
(4.0)

本や参考書を使って勉強することは、独学の勉強法の一つです。

 

本で学ぶメリットは「体系的な知識がまとまっていること」です。ですから、何からどうやって手をつければいいかわからない場合、本で学習することは良いと思います。

 

一方でデメリットは、あくまで本のため、動画のように動きを見ながら学べないことです。また、わからない箇所を探すことも時間がかかるため、根気よく学ばないといけない方法でもあります。

 

動画編集の独学でおすすめの本

本はたくさんありますが、失敗しない選び方は「Amazonで評価の高い本」を選ぶことです。

 

参考までに、Amazonで評判がよく、中身もしっかりしているおすすめ本は次の通りです。

 

  1. 知識ゼロからはじめるPremiere Proの教科書 CC対応:動画編集の入門書にぴったり。
  2. Premiere Pro よくばり入門 CC対応(できるよくばり入門):Youtube動画を編集したい方や、PR動画を作りたい初心者におすすめ

 

これらは特に評判が高いので、本であればこういった本を購入し、勉強を始めてみることがおすすめです。

 

2. Youtubeで勉強する

Youtubeの評価
体系的に学べるか
(3.0)
わかりやすいか
(4.5)
費用は安いか
(5.0)
総合評価
(4.0)

最近はYoutube上で、動画編集の勉強法を解説するYoutubeチャンネルがたくさんあります。

 

そういったYoutube動画を見ながら学習することも、動画編集を独学で勉強する一つの方法です。

 

Youtubeのメリットはお金がかからないことです。Youtubeは無料で動画を観れますので、お金をかけずに動画編集を学びたい人には特におすすめの方法です。

 

一方のデメリットは体系的に勉強できないことです。いろんな動画を見てみましたが、正直申し上げると、体系的にまとまったYoutube動画はまだまだ少ないです。

 

また、中には有益でない情報もYoutubeは混ざっていたりしますので、効率的な学習にも不向きと言えるでしょう。

 

とはいえ、完全無料で勉強できる方法なので、有効活用にはぴったりです。本などでわからなかった足りない知識を補うには、Youtubeは特に相性が良いでしょう。

 

Youtubeで動画編集を勉強する方法

Youtube上の検索で「動画編集、独学」「動画編集、やり方」と調べると、いろんな動画が出てきます。

 

その中で学習で使えそうな動画を見つけたら、その内容に沿って学習していくことがおすすめです。

 

とはいえ前述通り、Youtube動画は体系的に学ぶことには適していないため「完全初心者で何から始めたらいいかわからない方」にはおすすめできません。

 

一方「カットのやり方」「アニメーション作成」など、特定のやり方を調べたいときは、Youtubeは動画を視覚的に見ながら学べるため特に使えます。

 

3. オンライン動画教材で勉強する

オンライン動画教材の評価
体系的に学べるか
(5.0)
わかりやすいか
(4.5)
費用は安いか
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

「オンラインの動画教材」を購入して、独学する方法が三つ目の方法です。独学するなら、この方法が一番おすすめです。

 

オンライン動画教材のメリットは、体系的に学べることです。教材として順序立てて作られていますので、何から始めたらいいかわからない方も、今からやればいいことをステップ形式で知ることができます。

 

また、動画教材なので、動画で視覚的に見ながらイメージし、実践形式で練習できる点も、動画教材のメリットです。

 

ここまで紹介した「本」「Youtube」の両方の良さを兼ね備えているのが「動画教材」です。オンラインでいつでも学習できる便利さもあります。

 

おすすめの動画教材

動画編集の独学でおすすめの動画教材は次の通りです。

 

 

Udemyは、世界3,000万人以上が利用するオンライン動画教材プラットフォームです。

 

質の高い動画編集教材がたくさん販売されているため、気に入った教材を購入することで、学習をすぐにはじめることができます。

 

Udemyは「1講座あたり数千円〜2万円前後」のため、本より値段は高いことがデメリットです。ですがその分、体系的に動画編集を学び、仕事ですぐに使える実践的スキルを学ぶことができます。

 

なお、Udemyで動画編集講座を探すとたくさんありますので、どれを選んだらいいか迷ってしまう方が多いと思います。

 

その点で間違いない選び方は「ベストセラー」を選ぶことです。

 

最新のUdemyのベストセラーは公式サイトからチェックできます。お得なキャンペーンをやっているタイミングもあるので、見逃さないよう、随時チェックしておくことと良いでしょう。

 

何から始める?初心者が動画編集を独学で勉強するおすすめ学習ロードマップ【4STEP】

何から始める?初心者が動画編集を独学で勉強するおすすめ学習ロードマップ【4STEP】

 

ここからは「何から始めればいい?」と迷っている方に、学習ロードマップとしてやるべきことを4ステップでご紹介します。

 

結論、動画編集を独学し、個人で稼げる状態になるまでにやることは以下4つです。

 

手順1
動画編集のツールを準備する
動画編集に必要なパソコンと動画編集ソフトを用意する
手順2
動画編集の勉強を独学で始める
先ほど紹介した「本」「Youtube」「動画教材」いずれかで勉強を始める
手順3
制作実績を自身で作ってみる
簡単でも良いので自身でオリジナル動画など制作実績を作ってみる
手順4
制作実績をもとに、動画編集の実案件にチャレンジしてみる
作った制作実績を武器に、クラウドソーシング等で動画編集案件に応募し、チャレンジしてみる

 

1. 動画編集のツールを準備する

まずは動画編集に必要なツールを準備します。必要なツールは大きく2つです。

 

  1. パソコン
  2. 動画編集ソフト

 

動画編集で必要なパソコンは、以下のスペックのものが望ましいです。

 

動画編集のパソコンで望ましいスペック
  • CPU:Core i7
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB以上

 

上記スペックのパソコンは、だいたい10〜20万円ほどが費用相場となります。

 

パソコンを持っていない場合は、パソコンの購入費用が初期投資としてかかります。一方、すでにあなたが動画編集に使える上記スペックのパソコンがあれば、わざわざ買い揃える必要はありません。

 

動画編集ソフトは、前述通り「Adobe Premier Pro」「After Effects」がスタンダードです。

 

Adobeは現在月額制になっており、月額2,180円がかかります。

 

このようにパソコンと動画編集ソフトがツールとして必要になります。

 

動画編集スクールを利用すると、動画編集のツールを完全無料で使える

ちなみに、前述した動画編集スクールを利用すると、動画編集ソフトなどのツールを完全無料で使えるところが多いです。

 

例えばオンラインスクール最大手「TechAcademy動画編集コース」では、受講後3ヶ月間は、Adobe Premiere ProやAfter Effects、IllustratorやPhotoshopなどのAdobe製品がすべて無料で使うことができます。

 

ご自身でツールを用意することが面倒、金銭面で負担が大きい方や、そもそも独学に自信がない方は動画編集スクールを利用することを検討しても良いかもしれませんね。

 

10社以上の動画編集スクールを取材や調査してわかったおすすめスクールは、以下記事で詳細をチェックしてみてください。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

2. 動画編集の勉強を独学で始める

ツールを準備したら、早速動画編集の勉強を始めていきましょう。

 

方法は前述通り3つです。

 

  1. 本で勉強する
  2. Youtubeで勉強する
  3. オンライン動画教材で勉強する

 

どの方法でも良いですが、挫折しにくいのは3の「オンライン動画教材」のため、迷ったらオンライン動画教材で勉強することがおすすめです。

 

3. 制作実績を自身で作ってみる

動画編集の基本技術や動画編集ソフトの使い方を学んだら、次は制作実績を作ってみましょう。

 

「えっ?制作実績なんて作れないよ」と不安に思った方も安心してください。動画編集の制作実績はそこまで難しくなく、この段階でも十分作れる状態になっています。

 

最初は簡単なもので大丈夫です。簡単なものでも、案件を受注する際のアピール材料として使うことが可能です。

 

逆に、制作実績を一つも用意していないと、案件の受注率が下がってしまいます。

 

だからこそ簡単でも良いので、技術を学んだあとは制作実績を用意することをおすすめします。

 

動画編集スクールには「カリキュラム中に制作実績を準備できるスクール」も

なお、制作実績作りでも動画編集スクールは優れており、例えば「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」は、カリキュラムの中で「オリジナルの動画作成」を行います。

 

ヒューマンアカデモーであれば、スクールで作ったもの自体が制作実績になります。一人で作ることが不安な方は、ヒューマンアカデミーを検討してみると良いでしょう。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

4. 制作実績をもとに、動画編集の実案件にチャレンジしてみる

制作実績が準備できたら、制作実績を武器に、動画編集の実案件にチャレンジしてみましょう。

 

仕事を取る5つの方法

仕事を取る方法は大きく5つあります。

 

  1. クラウドソーシングで探す
  2. 副業エージェントで案件紹介を受ける
  3. 知人から案件紹介を受ける
  4. SNSやYoutube、ブログで情報発信し、インバウンドで受注する
  5. 企業に自ら直営業する

 

未経験でも受注しやすいのはクラウドソーシング

中でも初心者向けは、1の「クラウドソーシングで探す」です。

 

クラウドソーシングとは、「仕事を探している人」と「仕事をお願いしたい人」をつなげるプラットフォームです。

 

クラウドソーシングのメリットは、実務未経験でもチャレンジできる案件が豊富なこと。

 

クラウドソーシングであれば、制作実績を準備すれば、未経験でも案件を受注することが可能です。

 

一方でデメリットは「単価が安いこと」です。

 

クラウドソーシングは全体的に単価が低めのため、あくまで「経験を積む場」として使うことが合っています。

 

未経験の場合、クラウドソーシングで経験を積み、実績ができたら、より単価の高いその他4つの方法で案件受注していくことがおすすめです。

 

動画編集の学習ロードマップの4ステップまとめ

  1. 動画編集のツールを準備する
  2. 動画編集の勉強を独学で始める
  3. 制作実績を自身で作ってみる
  4. 制作実績をもとに、動画編集の実案件にチャレンジしてみる

 

まとめ

何から始める?初心者が動画編集を独学で勉強するおすすめ学習ロードマップ【4STEP】

 

述べてきた通り、動画編集は独学でも習得可能ですし、独学で稼ぐことも実現できます。

 

決して簡単ではないですが、簡単ではないことを認識し、時間をかけていけば、遅かれ早かれ動画編集者として月5〜10万円を稼ぐことも十分実現できるでしょう。

 

一方、とにかく早く報われたい、効率的に近道したい、動画編集者として確実に稼げるようになりたい方は、動画編集スクールを活用することも一つの手です。

 

独学よりもお金はかかるものの、いち早く稼げる状態になれれば、受講費用の元もすぐに回収していけますよ。

 

食いっぱぐれない動画編集スキルを身につけ、人生の不安を排除し、ストレスなく自由な働き方ができる未来はもうすぐそこです。

 

今の現状を変え、理想の未来を手に入れるためにも、失敗しない良いルートを選択できると良いですね。応援しています。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です