おすすめ動画編集スクール

MOVA(ムーバ)の評判・口コミ・特徴は?他の主要スクールとの違いも徹底解説

MOVA(ムーバ)の評判・口コミ・特徴は?他の主要スクールとの違いも徹底解説

フリーランスの動画クリエイターを目指す学校として人気のMOVA

 

この記事では、これまで20校以上の動画編集スクールの取材や調査をしてきた経験から、MOVA(ムーバ)に関する次のことを解説します。

 

この記事でわかること

  • MOVA(ムーバ)の特徴
  • MOVA(ムーバ)を実際に受講された方々の評判・口コミ
  • MOVA(ムーバ)と他の動画クリエイタースクールの違い
  • MOVA(ムーバ)のメリット・デメリット
  • MOVA(ムーバ)がおすすめな人と、逆におすすめできない人

 

結論、MOVAは講師やカリキュラムの質が高く、フリーランスの動画クリエイターを目指す方には強くおすすめできます。

 

この記事を読めば、MOVAで実現できることだけでなく、MOVAのデメリットや、他の動画クリエイタースクールとの違いまでわかるでしょう。

MOVA公式サイトはこちら

 

MOVA(ムーバ)の特徴

フリーランスを目指す動画クリエイタースクール「MOVA」の特徴をまとめると次の通りです。

 

  1. 第一線で活躍する現役動画クリエイターから直接学べる
  2. カリキュラムが超実践的のため、現場で使えるスキルを習得できる
  3. 編集だけでなく、企画&撮影も学べる
  4. 受講中から実案件に携わることで、最短で独立を目指せる

 

1. 第一線で活躍する現役動画クリエイターから直接学べる

動画クリエイタースクールの中には、すでに現場から離れており、現在は講師業だけをしている方が講師を務めているスクールもあります。

 

その点MOVAでは、第一線で今もなお活躍しているプロの現役動画クリエイターが講師を務めていることが特徴です。

 

いまこの瞬間も現場の最前線で仕事をしているため、今求められる動画スキルを正確に熟知しています。

 

プロの現役動画クリエイターから対面で直接指導してもらえる(オンライン受講も完備)

教室は東京の渋谷にあり、毎週日曜日のオフライン講義を通じて、プロの現役動画クリエイターと顔を合わせて直接指導してもらえます。

 

また、MOVAは通学とオンラインを両方組み合わせて学習をしていくため、オンラインで指導を受けることもできます。

 

このように、最前線で活躍するプロの動画クリエイターから直接指導してもらえるのは、MOVAの特徴です。

 

2. カリキュラムが超実践的のため、現場で使えるスキルを習得できる

MOVAのカリキュラムは、実際の動画制作現場を想定した実践型カリキュラムとなっています。

 

課題動画を実際に制作したり、チーム撮影を経験することで、プロの動画制作の現場を体感しながらスキル習得を目指します。

 

動画制作技術から案件獲得まで学べる

フリーランスを目指す方にとって、動画制作の技術習得だけでなく、案件を獲得できるかどうかは特に不安なはず。

 

その点MOVAなら、カリキュラムの中で「動画編集・映像制作の技術」はもちろん、フリーランスとしていかに仕事を取っていくかの「案件獲得」まで学ぶことが可能です。

 

技術習得〜案件獲得まで一貫して学べるのは、フリーランスを目指すMOVAの大きな特徴です。

 

3. 編集だけでなく、企画&撮影も学べる

動画編集スクールの中には、動画の編集技術に特化し、企画や撮影を学べないスクールもあります。

 

その点MOVAが目指すのはプロの動画クリエイターのため、編集技術だけでなく、企画や撮影も一貫して学べることが特徴です。

 

市場価値の高い動画クリエイターは、単なる編集作業だけでなく、どのような動画を作るかといった企画や、実際の映像素材を収録する撮影技術も身につけています。

 

MOVAでは、プロの動画クリエイターに必要な企画・撮影・編集のすべてをカリキュラム内で習得できます。この点もMOVAの特徴です。

 

4. 受講中から実案件に携わることで、最短で独立を目指せる

動画クリエイタースクールの中には、受講中はカリキュラムの学習に専念し、カリキュラムが一通り終わった後に実案件にチャレンジしていくスクールが多いです。

 

その点MOVAでは、受講中から実案件に携われることが、他のスクールとの大きな違いです。

 

MOVAでは、受講中にプロの現役動画クリエイター講師のサポートのもと、動画編集・映像制作の実案件にチャレンジしていきます。

 

初めての実案件は不安なことばかりです。そんな方でも安心して納品までできるように、最前線で活躍するプロが二人三脚でサポートしてくれます。

 

ここで得た経験はあなた自身の実績になるため、ポートフォリオに載せることももちろん可能です。受講中に実案件にチャレンジすることで、最短でフリーランス独立も目指せる環境です。

 

MOVA(ムーバ)の評判・口コミ

MOVAを実際に受講された方々のSNS上での評判・口コミを紹介します。

 

結論、見つかったMOVAの口コミは、すべてが「ポジティブな評価」となっていました。以下が実際の口コミです。

 

評判・口コミ①:MOVAに入ってよかった

 

評判・口コミ②:映像好きを共感してくれる仲間に出会えたのは嬉しい

 

評判・口コミ③:撮影・編集のみならず案件獲得方法まで学べるため、フリーランスを目指す方におすすめ

 

実際に受講している方のクチコミは良さそうです。

 

MOVA(ムーバ)と他のスクールの違い

MOVAの良し悪しをより客観的に見るために、他の動画クリエイタースクールと違いを比較してみます。

 

今回比較するのは、動画クリエイタースクールの中でも実績豊富で人気の以下スクールです。

 

  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国23拠点に教室を持つ最大規模の大手動画クリエイタースクール】
  2. STUDIO US【月4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンライン動画編集スクール】
  3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【大手制作会社が運営するクリエイタースクール】

 

スクールMOVAヒューマンアカデミー動画クリエイター講座STUDIO USデジタルハリウッドSTUDIO by LIG
費用660,000円213,400円55,000円〜330,000円
受講期間12ヶ月〜6ヶ月2ヶ月〜3ヶ月
学べる内容編集・撮影・企画編集・撮影・企画
※撮影はコースによる
編集・撮影・企画編集・撮影・企画
学べるツールPremiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
Premiere Pro
After Effects
Photoshop
Illustrator
講師
ポートフォリオ制作
就職・転職サポート××
受講中での実案件への参画
オンライン対応
通学対応×
教室の立地東京のみ(渋谷)東京・大阪・名古屋など全国23拠点東京・埼玉・神奈川

 

「受講中に実案件に参画できる点」はMOVAならでは

受講中に実案件に参画できるのは、MOVAならではの特徴です。

 

STUDIO USやデジタルハリウッドなどは、基本的には受講が終わった段階で、独立サポート(案件紹介サポート)を受けることができます。

 

いち早くフリーランスとして経験を積みたい方は、受講中に実案件に参画できるMOVAがおすすめです。

 

「費用の高さ」や「就職・転職サポートがない点」はMOVAのデメリット

一方で、他のスクールと比べて費用が高めなことと、就職・転職サポートがないことはMOVAのデメリットです。

 

MOVAは総額66万円の受講費用がかかります。他の動画クリエイタースクールは20〜30万円ほどで受講できるため、安さで選ぶなら他のスクールが合っているでしょう。

 

とはいえ、MOVAはその分受講期間が12ヶ月と長く、他のスクールよりも一つ一つの技術を高いレベルで習得することが期待できます。受講中の実案件に参画すれば、受講費用の元も早い段階で回収を目指せるでしょう。

 

また、フリーランスを目指す方にとっては、そもそも就職・転職サポートは不要です。就職・転職を考えていない方にとってはデメリットではないと思いますよ。

 

MOVA(ムーバ)のメリット・デメリット

ここまでの特徴や評判、他の動画クリエイタースクールとの違いから、MOVAのメリット・デメリットをまとめると次の通りです。

 

MOVAのメリット
  • フリーランスの動画クリエイターに必要な一連のスキルを学べる
  • 第一線で活躍するプロの現役動画クリエイターから直接指導してもらえる
  • 受講中から実案件に携われる
  • 動画が好きな仲間・同期ができる
  • 20人の少人数制だから質問しやすい
MOVAのデメリット
  • 受講料は他のスクールと比べると高め
  • 就職・転職サポートは無し
  • 渋谷の教室に毎週日曜日に通う必要あり

 

MOVA(ムーバ)が向いている人と、向いていない人

メリット・デメリットを踏まえて、MOVAが向いている人・向いていない人をまとめると次の通りです。

 

MOVAが向いている人
  • フリーランスの動画クリエイターを目指す人
  • いち早く実案件にチャレンジしたい人
  • じっくり期間をかけてプロレベルを目指したい人
  • 編集・企画・撮影の一連のスキルを学びたい人
  • 渋谷の通学&オンラインを組み合わせて学びたい人

 

MOVAが向いていない人
  • 受講料をできるだけ抑えたい人
  • 就職・転職したい人
  • 渋谷の教室に通えない人

 

MOVAが向いている方は、次に紹介する流れに沿って、まずは無料相談会に参加してみること次のステップです。

 

MOVA(ムーバ)を受講する流れ

手順1
無料相談会に参加する
MOVA公式サイトから無料相談会を予約する。予約は簡単60秒。相談会はオンライン渋谷校舎での「対面」またはZOOMの「オンライン」で実施
手順2
受講申込み・料金の支払い
受講意思が固まったら申込みと料金の支払いを行う。月26,800円〜の分割払いもOK
手順3
12ヶ月の学習スタート
フリーランスの動画クリエイターを目指し、12ヶ月間の学習がスタート
手順4
実案件への参画(受講中)
受講中に実案件にチャレンジする。プロの動画クリエイターがサポートしてくれるから安心
手順5
卒業
12ヶ月のカリキュラムを終えたら卒業。フリーランスの動画クリエイターとして新たな人生のステージへ

 

MOVA(ムーバ)と一緒に検討したい関連サービス

ここまで紹介してきた中で、MOVAが向いていると感じた方は、前述通り「無料相談会」に参加してみましょう。

 

一方で、MOVAと他のスクールをもう少し検討したい方は、先ほど比較対象で挙げた、実績豊富な以下スクールを検討してみてはいかがでしょうか?

 

MOVAと一緒に検討したい動画クリエイタースクール3選

  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座【全国23拠点に教室を持つ最大規模の大手動画クリエイタースクール】
  2. STUDIO US【月4,584円〜。未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンライン動画編集スクール】
  3. デジタルハリウッドSTUDIO by LIG【大手制作会社が運営するクリエイタースクール】

 

この3スクールは、動画クリエイタースクールの中でも特に実績豊富です。各スクールの無料説明会にいくつか参加して比較してみることもおすすめです。

 

各スクールの詳しい違いは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング10選比較!評判も紹介」でまとめているので、よければこちらも参考になさってください。

 

まとめ

述べてきた通り、MOVAは就職サポートがないなどデメリットはあるものの、フリーランスの動画クリエイターを目指す環境として抜群に優れています。受講中に実案件にもチャレンジできるのは、MOVAならではの良さです。

 

MOVAが向いていると感じた方は、まずは「無料相談会」に参加してみましょう。MOVAに関することはもちろん、フリーランスを目指す上での悩みにも無料で相談に乗ってくれますよ。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング10選比較!評判も紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。