おすすめ動画編集スクール

40代50代未経験から動画編集は遅い?まだ間に合います【理由と手順を解説】

40代50代から動画編集は遅い?まだ間に合います【理由と手順を解説】

「40代や50代未経験から動画編集を始めて、仕事にすることはできるの?」

「動画編集に興味があるけど、40代や50代未経験からだと、さすがに遅すぎるのではないだろうか…」

 

このように思っていませんか?

 

動画編集は個人で始めやすく、月5万円といった収入を得やすいことで、いま40代や50代からも人気を集める仕事です。

 

とはいえ、年齢や経験の問題もあります。「私の年齢でも、今から動画編集で稼ぐことはできるのかな?」と感じ、一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

 

結論からお伝えすると、40代や50代の方でも、今から動画編集はまだ間に合いますよ。今から動画編集の技術を身につけることも、今から動画編集を仕事にすることも、どちらも行動次第で可能です。

 

そこでこの記事では、動画編集に興味を持っている40代50代の方向けに、次のことを解説します。

 

この記事でわかること

  • 40代50代から動画編集はまだ間に合う2つの理由
  • 40代50代から動画編集を始めるメリットとデメリット
  • 40代50代から動画編集を始める具体的な手順

 

この記事を読んで行動すれば、40代50代の年齢からでも、動画編集を身につけ、人生を変えることは可能です。

 

40代50代未経験から動画編集はまだ間に合う2つの理由

40代50代から動画編集はまだ間に合う3つの理由

 

40代50代から動画編集はまだ間に合う理由は大きく2つあります。

 

  1. 動画編集は未経験でも短期で習得しやすいから
  2. 未経験でも始められる動画編集案件も豊富にあるから

 

1. 動画編集は未経験でも短期で習得しやすいから

動画編集は難しい印象があるかもしれませんが、実際のところ難しくありません。

 

世の中にはいろんなスキル・手に職がありますが、動画編集は「未経験でも短期で習得しやすいこと」が特徴です。

 

例えば、プロの動画クリエイターから技術を直接学べる「動画編集スクール・学校」を使えば、未経験から2〜3ヶ月程度で、仕事に直結する技術を習得可能です。以下記事でまとめているようなスクールですね。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較

 

40代や50代の方でも、上記記事で挙げているスクールで短期集中で学べば、年齢関係なく、今からでも仕事に直結する技術を身につけることが可能です。

 

しかも期間は「2〜3ヶ月」早い人だと「1ヶ月程度」でも、技術を習得できます。

 

このように、動画編集の技術を難しくなく、スクールのような正しい環境で学べば、2〜3ヶ月、早い人だと1ヶ月程度でも技術習得できます。これは年齢関係なく、40代や50代の方も同様です。

 

2. 未経験でも始められる動画編集案件も豊富にあるから

技術を身につけられたとしても、実際に取り組める仕事・案件がなければ、動画編集を仕事にはできません。

 

その点動画編集は、未経験でも始められる案件が豊富にあります。もちろん、40代や50代でも始められる案件です。

 

なぜ未経験でも始められる案件が豊富なの?

結論、動画市場が成長しており、動画編集者の需要が高まる一方、肝心の動画編集者が不足しているからです。

 

動画編集者の人手がとにかく足りていません。そのため最近は「動画編集スクールで技術を学んできたけど、実務はまだ未経験」という方がチャレンジできる案件がたくさんあります。

 

40代50代から特に始めやすいのは「フリーランス」「副業」「在宅ワーク」の案件

特に40代・50代未経験から最も始めやすい案件は「フリーランス」「副業」「在宅ワーク」の案件です。

 

なぜなら、フリーランス・副業・在宅ワーク案件は、年齢があまり重要視されず、技術さえあれば仕事につながりやすいからです。

 

例えば前述した「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較」の動画編集スクールを使って技術を身につければ、40代50代からチャレンジできる案件は多くあります。

 

このように、40代や50代から始められる案件は、フリーランス・副業案件に多くあります。

 

未経験から正社員転職は40代50代だとハードルが高い

年齢が大きくネックになるのは、正社員のような「雇用」されて働く仕事です。

 

日本における雇用とは、基本的に「長期雇用」を前提に採用を行います。正社員はほとんどが長期雇用前提の働き方です。ですが40代50代の場合、定年までの期間も限られるため、正社員のように雇用されて働くのはハードルが高くなります。

 

その点、前述したフリーランスや副業の場合、雇用ではなく「契約」で働くため、年齢があまり重要視されないのです。

 

もちろん、未経験の40代50代から正社員転職が全く不可能というわけではありません。実際に就職・転職に成功している方もいるので、チャレンジすることはもちろんOKです。

 

難易度で言えば、正社員よりもフリーランスや副業の方が低いので、まずはフリーランス・副業など始めやすい方から、チャレンジしてみることがおすすめです。

 

40代50代未経験から動画編集を始めるメリット

40代50代から動画編集を始めるメリット

 

40代50代から動画編集を始めるメリットは次の通りです。

 

40代50代から動画編集を始めるメリット
  1. 老後のお金の不安を解消できる
  2. 40代50代から新しい仕事にチャレンジできる
  3. 今後の人生を充実させるライフワークになる

 

1. 老後のお金の不安を解消できる

40代や50代の方にとって「老後のお金の不安」は大きいものです。

 

「年金で生活していけるのだろうか」

「生きている間、生活費はちゃんと持つのだろうか」

 

このような不安やストレスを抱えている方にとって、動画編集はまさにおすすめです。なぜなら動画編集であれば、個人で案件を受けて、月5〜20万円などの副収入を得やすいからです。

 

仮に月10万円の副収入を得られるようになれば、1年間で120万円、10年間で1,200万円です。老後2,000万円問題には少し届きませんが、十分な足しになるでしょう。

 

また、仮に月20万円の副収入を得られるようになれば、1年間で240万円、10年間で2,400万円です。こちらの場合、老後2,000万円問題は10年ちょっとで解決できる見込みです。

 

動画編集は頑張った分だけ収入を上げていけるため、老後のお金不安に対する仕事としても、40代50代の方に人気です。

 

2. 40代50代から新しい仕事にチャレンジできる

40代50代から新しい仕事を始めることは、一般的には難しいと言われています。

 

その点動画編集は、未経験でも短期で習得でき、案件も豊富なため、40代50代からチャレンジしやすい仕事です。

 

「今の仕事に将来性を感じない」

「違う仕事にチャレンジしてみたい」

 

このような方にとって、動画編集は未経験でも始めやすいため、新しい仕事にチャレンジできるメリットがあります。

 

最初はフリーランス・副業として経験を積みつつ、ある程度経験を積めば、正社員の道も拓かれていきます。

 

3. 今後の人生を充実させるライフワークになる

動画編集や映像制作という分野は、仕事としての側面はもちろん、趣味のようなライフワークにもおすすめです。

 

例えば、家族や友人との思い出を動画で撮影し、みんなで共有できる形で映像編集する。こうやって思い出を動画・映像として残せるのは、動画編集者など、動画クリエイターならではのことです。

 

動画や映像というのは、人の感情に深く刺さるものです。動画・映像を趣味にすることで、人生の彩りは間違いなく増えるでしょう。

 

動画編集を趣味とし、ライフワークにするメリット等は以下記事で詳しく解説しています。

 

関連記事動画編集・映像制作を趣味で始める3ステップや実現できること

 

40代50代未経験から動画編集を始めるデメリット

40代50代から動画編集を始めるデメリット

 

40代50代から動画編集を始めるデメリットもあります。結論、次の通りです。

 

40代50代から動画編集を始めるデメリット
  1. ある程度の学習が必要となる

 

1. ある程度の学習が必要となる

動画編集を始めるためには、ある程度の期間は「動画編集の学習」が必要です。

 

特に動画編集を「独学」で学ぶ場合、技術習得までの時間が相応にかかるため、デメリットと言えるでしょう。

 

とはいえ前述通り、動画編集をプロから学べる動画編集スクール・学校で学習すれば、2〜3ヶ月という短期間で技術を習得できます。

 

独学だとかなり時間はかかるものの、動画編集スクールを使ってプロから直接学ぶことで、このデメリットは解消することが可能です。

 

40代50代未経験から動画編集を始める手順

40代50代から動画編集を始める手順

 

40代50代から動画編集を始める手順は次の通りです。

 

  1. 動画編集の技術を学ぶ
  2. 簡単な制作実績を作ってみる
  3. 実案件にチャレンジしてみる

 

1. 動画編集の技術を学ぶ

まずは動画編集の技術を学ぶことが最初のステップです。

 

40代50代であれば動画編集スクール一択

40代50代から動画編集を習得するなら「動画編集スクール・学校」一択です。なぜなら、40代50代でもまだ間に合うとはいえ、それでも20〜30代の方と比べれば、遅れを取っていることは事実だからです。

 

40代50代の方は時間を一切無駄にできません。最短でプロから技術を学べる動画編集スクール・学校を使うことで、40代50代からでも動画を仕事にし、個人で月5〜10万円を得たり、将来的に動画関係の仕事に就職・転職も視野に入ってきます。

 

動画編集は独学で学べないことはないですが、、相応に時間がかかり、挫折しやすいことも事実です。

 

時間のない40代50代の方は、動画編集スクールで技術を短期習得することがおすすめです。

 

質の悪い動画編集スクールを選ぶと、短時間で技術が身につかない可能性も

一点注意点として、習得するなら動画編集スクールがおすすめですが、質の悪いスクールを選ぶと、短期間で技術が身につかない可能性があることです。

 

だからこそ、動画編集スクールを活用する際は「質の良い動画編集スクール」を選ぶことがとても重要です。

 

品質がよく、40代50代向けの動画編集スクールはここ

参考までに、品質の良い代表的な動画編集スクールをご紹介すると「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」が最もおすすめです。

 

全国規模の大手スクール「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座

 

ヒューマンアカデミーは、全国規模の大手スクールで、40代や50代はもちろん、幅広い年齢の支援に長けています。全国の教室で通学して学べる上に、ご自宅のパソコンを使ってオンラインで学習することも可能です。

 

動画編集スクールの中でも大手の一社で、お値段も相場よりリーズナブルです。40代50代から動画編集を学ぶなら、ヒューマンアカデミー一択で良いでしょう。

 

ヒューマンアカデミーは無料説明会を開催しています。ここでは、40代50代から動画編集を学んだ方々の事例を無料で聞くことが可能です。

 

公式サイトから60秒程度の簡単な入力だけで、無料説明会のご予約が可能です。40代50代から動画編集を始める可能性を知るためにも、まずは無料説明会で話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

 

受講を決めていなくても、まずは話を聞いてみるだけだけでも問題ありません。

ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座公式サイトはこちら

 

2. 簡単な制作実績を作ってみる

動画編集スクールで技術を学んだら、次は簡単な「制作実績」を作ってみましょう。

 

「えっ?制作実績なんて作れない」と不安に思ってしまった方もご安心ください。動画編集スクールで実践的な技術を学ぶことで、簡単な動画編集はすでにできる状態まで到達しているからです。

 

身につけた技術をもとに、簡単なもので良いので、自分で編集した動画を作成しましょう。ここで作ったものは、実案件にチャレンジする際に、自分の技術を証明する武器として提出できます。

 

一人で制作実績が作れるか不安な方へ

「とはいえ、やっぱり自分で制作実績を作る自信がない」と思った場合もご安心ください。

 

前述した「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」は、プロの動画クリエイターによるサポートのもと、カリキュラムの中で制作実績まで準備することができます。

 

自分一人で制作実績を作れるか不安な方は、やはりヒューマンアカデミーのようなスクールで学ぶことが最もおすすめです。

 

3. 実案件にチャレンジしてみる

最後のステップは案件のチャレンジです。

 

前述通り、40代50代から動画編集を始める場合、始めやすいのは「フリーランス」「副業」の案件となります。

 

最初はこれらの案件に応募し、仕事にチャレンジすることから始めてみましょう。

 

フリーランス・副業案件にチャレンジする具体的な方法は、以下記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説副業したい方はこちら

関連記事フリーランス動画編集者として独立し、食べていく方法や収入・年収事情フリーランスを目指したい方はこちら

 

就職・転職したい方はこの方法

一方「就職」「転職」を目指したい方は、一般の転職サイト等を使って、就職・転職を目指すことも良いでしょう。制作実績を準備できれば、実績を武器に、採用してくれる企業もどこかにあるからです。

 

もちろん、簡単に内定は取れないと思いますが、就職・転職は「相思相愛になれる一社」を見つければ良いのです。行動量を止めなければ、遅かれ早かれチャンスをくれる企業に巡り会えるでしょう。

 

ちなみに、前述した「ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座」は就職・転職支援も充実しています。学習から就職・転職まで一貫してサポートしてもらいたい場合も、ヒューマンアカデミーなら力になってくれますよ。

 

まとめ

40代50代から動画編集を始める手順

 

述べてきた通り、40代50代からでも動画編集はスタートできますし、動画編集を仕事にし、収入を得ることもできます。

 

未経験から動画編集を学び、月5万円〜月10万円を得られるようになった人は数え切れないほど存在します。

 

月5〜10万円を個人で稼げるようになれば、控えめに言っても人生変わります。月10万円を動画編集で安定して稼げるようになれれば、老後のお金の不安を取り除くことができます。心の不安がスッと軽くなるだけでも、人生は楽になりますよ。

 

逆に、行動を起こさないと、人生は一向に変わらないことも事実です。動画編集は難しくなく、プロからしっかり学べる動画編集スクールを有効活用すれば、40代50代でもまだ間に合います。だからこそ、未来のあなた自身のために、行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

 

今回ご紹介した動画編集スクール

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。