おすすめ動画編集スクール

動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ

動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの方法

「動画編集って今さらもう稼げないのでは?」

「もう始めるには遅いと思う」

「今から始めても稼げる?」

 

Youtube人気の高まりや5Gの始まりにより、動画編集者を目指す方は急増しました。動画編集は個人でも稼ぎやすく、多くの方が未経験から編集者として稼げるようになっているのが直近のトレンドです。

 

とはいえ、「さすがにもう遅いのでは」「もう稼げないんじゃないか」と不安に思い、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

 

結論から言うと、動画編集はまだまだ稼げますし、むしろ参入するならこれからはチャンスです。

 

そこでこの記事では、「動画編集てまだ稼げるの?」「もう稼げないのでは?」と思っている方向けに、以下のことを解説します。

 

この記事でわかること

  • 動画編集がまだまだ稼げる3つの理由
  • 動画編集の稼ぎ方や稼げる金額の目安
  • 動画編集者として稼げる人と稼げない人の3つの特徴
  • 動画編集者として稼ぐ3つのステップ

 

この記事を読み終える頃には、動画編集で稼ぐための道がきっと見えてきますよ。5分ほどで読めますので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

 

動画編集は稼げない?もう遅い?【まだまだ稼げる3つの理由】

動画編集は稼げない?もう遅い?【まだまだ稼げる3つの理由】

 

冒頭の通り、「動画編集はもう稼げない」は誤りで、まだまだ稼げます。

 

理由は大きく3つあります。

 

  1. 動画編集は個人でも稼ぎやすい分野だから
  2. 動画編集の市場は成長しているから
  3. 動画編集者の数はまだまだ足りていないから

 

1. 動画編集は個人でも稼ぎやすい分野だから

世の中にはいろんなスキルがありますよね。プログラミング、Webデザイン、マーケティングなどは特に人気のスキルです。

 

その中でも動画編集は、最も個人で稼げやすいスキルと言っても過言ではありません。その理由はシンプルで、動画編集は未経験からでもスキル習得しやすい上に、個人で稼ぐ案件が豊富にあるからです。

 

例えば、プログラミングやWebデザインを未経験から学ぶ場合、最低でも数ヶ月、一般的には半年から1年ほどは時間がかかります。

 

その点動画編集は、早ければ1ヶ月程度でもスキルを習得できます。動画編集のスキルは複雑ではなく、正しい方法で勉強すれば未経験でも習得しやすいからです。

 

さらにいえば、完全未経験から動画編集を始めた方の中には、わずか1ヶ月以内で、フリーランスや副業で動画編集案件を受注し、最初の収入を得ることに成功した方もたくさんいます。1ヶ月で稼ぐ経験を積めるスキルは、正直他にありません。

 

このように、動画編集は個人で稼ぐことを実現しやすいスキルです。ですから、動画編集はまだまだ稼げます。

 

動画編集で個人で稼ぐ事例は「動画編集の副業」についてまとめた以下記事で詳細をチェックしてみてください。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説

 

2. 動画編集の市場は成長しているから

動画編集が稼ぎやすいとは言っても、市場が縮小していたらジリ貧ですよね。

 

その点も安心です。なぜなら動画の市場は現在まで拡大してきており、今後も強い成長が予想されているからです。

 

動画市場の統計データを見てみる

例えば以下は、2019年から2024年にかけた、動画広告市場の市場規模の予測推移です。

 

動画編集の今後の将来性が高い3つの理由

出典:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

 

これを見ると、動画市場は右肩上がりに成長することが見て取れます。事実、2020年に2,954億円だった市場規模は、2024年には約2,3倍の6,856億円まで拡大することが予想されています。

 

動画広告市場が拡大するとは、Youtubeなどの動画を使ったプロモーションを仕掛けたい企業が増えることとイコールです。動画のニーズが高まるため、動画編集者のニーズも当然高まることになります。

 

このように、市場成長の後押しも、動画編集者がまだまだ稼げる理由です。

 

3. 動画編集者の数はまだまだ足りていないから

市場が大きくなっても、それ以上に動画編集者が増えると、案件を獲得できなくなることも懸念されるでしょう。

 

その点も動画編集は安心です。なぜなら、現時点でも動画編集者の数は、市場の成長に対して足りていないからです。

 

またもし仮に、この先3年などのスパンで、動画編集者の数が増えすぎた場合でも、競争が激化するのは、動画編集を始めたばかりの駆け出し動画編集者の中での話です。

 

いまこの段階で動画編集を学び、稼ぐ経験を積んでいけば、動画編集者の数が増えたとしても問題ないですよ。

 

動画編集の稼ぎ方と稼げる金額の目安

動画編集の稼ぎ方と稼げる金額の目安

 

動画編集スキルを使った一般的な稼ぎ方と、稼げる金額の目安などをご紹介します。

 

稼ぎ方は大きく2つです。

 

  1. クライアントワークで稼ぐ(企業のYoutubeチャンネルの動画編集代行など)
  2. 自分の事業で稼ぐ(自分でYoutubeチャンネルを運営するなど)

 

1. クライアントワークで稼ぐ

クライアントワークで稼ぐの評価
稼ぎの大きさ
(4.0)
安定しやすさ
(4.5)
取り組みやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

 

動画編集者の稼ぎ方で一番メジャーで、多くの方が稼いでいるのはこの方法です。

 

クライアントワークの特徴

クライアントワークとは、わかりやすくいうと「他人の事業を手伝う仕事」です。

 

例えば「他人のYoutubeチャンネルの動画編集代行」は、動画編集者のクライアントワークの代表的な事例です。

 

人気Youtuberの動画編集担当などは特に人気ですよね。また、最近は企業がYoutubeチャンネルを開設するケースも多く、こういった仕事もクライアントワークの仕事です。

 

クライアントワークは一度顧客を見つければ、継続案件になりやすく、収入が安定するメリットがあります。

 

また、未経験でも始めやすいので、初心者向きの稼ぎ方と言えるでしょう。

 

クライアントワークで稼げる金額は?

結論、どれくらいの案件をやるか次第ですが、月10万円以上は個人でも十分目指せます。

 

動画編集のクライアントワークの場合、ざっくり以下のような単価で仕事を受けることが多いです。

 

  • 1案件約5,000円が相場
  • 5分以内の短い動画は約3,000円、10分動画だと10,000円以上も

 

1案件との単価が決まっているので、案件をたくさんこなせばこなすほど、収入は上がっていきます。

 

また経験を積んでいけば、単価自体も上げることができます。そうすれば、月20〜30万円以上を個人で稼ぐことも目指せます。

 

2. 自分の事業で稼ぐ

自分の事業で稼ぐの評価
稼ぎの大きさ
(4.5)
安定しやすさ
(3.5)
取り組みやすさ
(3.5)
総合評価
(4.0)

 

もう一つは自分の事業で稼ぐ方法です。

 

例えば「自分でYoutubeチャンネルを運営すること」は、自分の事業で稼ぐ代表的な方法ですね。

 

自分の事業で稼ぐ方法の特徴

稼ぎの金額が青天井になる可能性があることです。

 

例えばYoutubeチャンネルを自分で作って運営する場合、チャンネルが人気化し、ヒットすれば、個人で月100万円以上はもちろん、月数百万円以上も目指せる可能性があります。

 

クライアントワークの場合、あくまで他人の事業を手伝った対価としてお金をもらいます。当然自分一人が稼働できる時間は1日24時間で限られますから、青天井とはいきにくいです。

 

「とにかく夢のある金額を稼ぎたい」という方は、動画編集スキルを身につけ、人気化するYoutubeチャンネルを作ってみても面白いと思いますよ。

 

自分の事業で稼げる金額は?

結論、ピンからキリです。

 

前述通り、当たれば月100万円以上などを実現できますが、逆に当たらなければ収入が0円の場合もあります。

 

一番良いのは、他人のYoutubeチャンネルの動画編集を行いつつ、自分の事業も育てる方法です。2つを一緒にやることで、両方の良いとこどりができます。

 

初心者でも取り組みやすいのはクライアントワークなので、まずは動画編集代行などの仕事にチャレンジすることが王道です。

 

動画編集で稼げる人の3つの特徴【稼げない人との明確な違い】

動画編集で稼げる人の3つの特徴【稼げない人との明確な違い】

 

動画編集は稼げる分野ですが、中でも稼げる人の特徴があります。結論以下の3つです。

 

  1. 動画編集で稼ぐための基礎技術を学んでいる
  2. 積極的に案件にチャレンジしている
  3. まずクライアントを稼がせることを優先している

 

1. 動画編集で稼ぐための基礎技術を学んでいる

動画編集で稼ぐためには、稼ぐための基本技術が必要です。

 

動画編集者として稼げるようになった人は、ほとんどが稼ぐための基礎技術を事前に学んでいますね。

 

逆に言うと、稼ぐための基本技術を学んでいないと、動画編集者として重要な一案件目になかなか到達できず、途中で挫折しているケースもよく見ます。

 

2. 積極的に案件にチャレンジしている

動画編集のスキルを身につけても、案件にチャレンジしない限り、いつまで経っても稼ぐことはできません。

 

動画編集で稼いでいる方を見ると、未経験でまだ自信がない段階でも、積極的に案件にチャレンジしているように思います。

 

「最初は調べながらでも必ずなんとかするんだ」くらいの意気込みで取り組むと、スキルも自信も自然についていきます。

 

自信がない初心者の時こそ積極的に案件にチャレンジすることは、稼げる動画編集者の特徴です。

 

3. まずクライアントを稼がせることを優先している

特にクライアントワークにおいて、安定的かつ大きく稼げるようになった動画編集者に共通しているのは、「クライアントを稼がせることを優先していること」です。

 

クライアントワークの場合、一番大事なことは「顧客を稼がせること」です。動画編集であれば、ただ動画を編集するのではなく、動画がどのようにすれば多くの人に見られるか、興味を持ってもらえるかという視点で、編集を行うことがクライアントを稼がせることにつながります。

 

もちろん、最初のころはクライアントを稼がせることができなくて当然です。でも「クライアントを稼がせることを優先していること自体」は、クライアントからすれば「この人は貢献しようとしてくれているんだな」と伝わるものです。

 

逆に、自分が稼ぐことばかり考えている動画編集者は、クライアントを満足させることができず、途中で案件が切れてしまったりと、苦労しているケースも見られます。

 

このように、「クライアントを稼がせることを優先している」は、安定的かつ大きく稼げるようになった動画編集者に特に共通している点です。

 

動画編集者として稼ぐまでの3つのステップ

動画編集者として稼ぐまでの3つのステップ

 

未経験から動画編集で稼ぐまでのステップをご紹介します。結論以下の3ステップです。

 

  1. 動画編集で稼ぐための技術を学ぶ
  2. 簡単な制作実績を作る
  3. 実案件にチャレンジする

 

1. 動画編集で稼ぐための技術を学ぶ

まずは動画編集で稼ぐために必要なスキルを身につけましょう。

 

動画編集で稼ぐための技術とは、次の通りです。

 

  1. 動画編集の基本技術(カット編集、テロップ挿入、効果音挿入、アニメーション作成などの基本技術)
  2. 動画編集ソフトの使い方(Adobe Premiere ProやAfter Effectsなどの使い方)

 

こういった技術が動画編集で稼ぐための技術です。これらをまず身につける必要があります。

 

動画編集で稼ぐスキルを身につける方法

動画編集で稼ぐスキルを身につける方法は大きく2つです。

 

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールで学ぶ

 

結論、学ぶなら「スクール」がおすすめです。なぜならスクールの方が、稼ぐために必要なスキルを、確度・精度ともに高く習得できるからです。

 

独学でも学べないことはないですが、、時間がかかる上に、挫折しやすいことも事実です。

 

特に「稼ぐこと」を目的にするなら、最初は自己流で学ぶよりも、プロの動画クリエイターから技術を学んだ方が絶対に良いです。

 

たった1ヶ月受講するだけでも、その先がだいぶ変わりますから、動画編集スキルは短期集中でも良いのでスクールで学ぶことをおすすめします。

 

おすすめの動画編集スクール

動画編集スクールが良いとはいえ、中には質の悪いスクールもあるため、スクール選びは慎重に行いたいところです。

 

これまで10社以上の動画編集スクールを取材や調査してきて「このスクールなら稼げる動画編集者になれる」と自信を持っておすすめできるスクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較」でまとめています。

 

動画編集スクールを検討する方は、詳細はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

詳細記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

動画編集スクール・講座おすすめ人気5選を徹底比較動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング7選比較!評判も紹介

 

2. 簡単な制作実績を作る

動画編集スクールでスキルを学んだら、次は簡単な制作実績を作ってみましょう。

 

「えっ?制作実績なんて作れないよ」と不安に思ってしまった方もご安心を。スクールで実践スキルを学べば、簡単な動画編集はすでにできる状態になっています。

 

身につけたスキルをもとに、簡単でも良いのでオリジナル動画や、自分で編集して動画を作成しましょう。ここで作ったものは、実案件にチャレンジする際に、自分のスキルを証明する「ポートフォリオ」として提出できます。

 

一人で制作実績が作れるか不安な方へ

「自分で制作実績なんて作れる自信がない」と思った場合もご安心を。前述した動画編集スクールの中には、カリキュラムの中で制作実績を作るところもあります。

 

自分一人で制作実績を作れるか不安な方は、やはりスクールで学んだ方が良いですね。

 

3. 動画編集案件に応募する

動画編集スクールでスキルを身につけて、簡単な制作実績を用意したら、早速動画編集案件に応募しましょう。

 

「えっ?もうこの段階に応募するの?」と思ったかもしれませんが、問題ありません。

 

むしろ早いうちに実案件にチャレンジすることで、動画編集者として稼ぐまでの期間は短くなりますし、月10万円以上の金額を稼ぐことも早く実現できます。

 

案件はどうやって探せばいい?

一番メジャーな方法は「クラウドソーシング」を使うことです。

 

クラウドソーシングとは、仕事を探している人と、仕事をお願いしたい人をつなげるプラットフォームです。代表的なサイトは「クラウドワークス」です。

 

クラウドソーシングのメリットは、実務経験がなくてもできる案件が多いことです。

 

動画編集スクールでスキルを身につけ、簡単な制作実績を用意すれば、クラウドソーシングサイト経由で案件を受注できます。

 

一方でクラウドソーシングにもデメリットはあり、単価が安いことです。あくまで「経験を積む場」として使うことが良いでしょう。

 

動画編集の仕事の取り方・案件の探し方は「動画編集の仕事の取り方・案件の探し方は?7つの受注方法を徹底解説」でも詳しく解説しているので、よければ参考にしてみてください。

 

最初の案件をクリアすれば、そこから先はグッと楽になる

動画編集に限った話ではないですが、個人で稼ぐ際に一番大変なのは「最初の案件」です。

 

でも裏を返せば、最初の案件さえクリアすれば、2つ目の案件からは難易度が一気に下がったと感じることができるでしょう。

 

最初の案件を納品すれば、それが実績になり、2案件目の受注はさらにしやすくなります。最初の案件をクリアしたこと自体が、スキルや自信向上にもつながります。

 

だからこそ、最初の案件をクリアするまでは、スクールでプロの力を借りるなどして、何としても乗り越えて欲しいと思います。

 

そこさえ乗り越えれば、動画編集で稼ぎ続け、人生を変えることも十分実現できますよ。

 

まとめ

動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と、稼ぐまでの3ステップ

 

述べてきた通り、動画編集はもう稼げないは誤りで、まだまだ稼げます。

 

稼げる人の3つの特徴を知り、今回紹介した3つのステップで行動すれば、あなたもこれから動画編集者として稼ぐことは可能です。

 

個人でも稼ぎやすい動画編集スキルを身につけておけば、これからの人生で間違いなく役立つでしょう。会社員の副業で月10万円稼ぐこともできますし、独立して月20〜30万円以上を稼ぐことも目指せます。

 

またそんなに野心がない方でも「食いっぱぐれないスキル」を一つ持っておくだけでも、人生のストレスや不安を減らすことができます。

 

「今の仕事が嫌なら辞めても食べていける」というスキルがあると、心はスッと楽になりますし、心穏やかに毎日を過ごせますよ。

 

だからこそ、稼げる動画編集スキルを今こそ身につけてはいかがでしょうか?今ならまだまだ間に合いますし、むしろ先行者優位を取るなら、今が最後のチャンスかもしれません。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です