おすすめ動画編集スクール

TechAcademy動画編集コースの評判・口コミは?他スクールとの違いも徹底レビュー

TechAcademy動画編集コースの評判・口コミは?他スクールとの違いも徹底レビュー

実績豊富な大手オンラインスクール「TechAcademy 動画編集コース」。Adobe Premiere Proを使った動画編集スキルを、プロの専属メンターサポートのもと身につけられることで、オンラインスクールの中でも特に人気を集めています。

 

そこでこの記事では、TechAcademy 動画編集コースの評判・口コミ・特徴を紹介します。これまで10社以上の動画編集スクールの取材や調査をしてきた経験から、他のスクールとの違いも解説します。

 

この記事を読めば、TechAcademy 動画編集コースを受講した後に得られる未来について、はっきりとイメージできるようになるでしょう。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースの特徴

コース動画編集コース
費用174,900円/4週間
229,900円/8週間
284,900円/12週間
期間4週間、8週間、12週間のいずれか
受講スタイルオンライン
就職/転職・副業/独立サポートなし

 

TechAcademy 動画編集コースの特徴は次の通りです。

 

  1. 現役動画クリエイター講師によるパーソナルメンター制度
  2. 週2回のマンツーマンメンタリングと毎日使えるチャットサポート
  3. オリジナル動画作成など、Adobe Premiere Proを使った実践スキルが身につく

 

1. 現役動画クリエイター講師によるパーソナルメンター制度

TechAcademy 動画編集コース最大の特徴は「パーソナルメンター制度」です。

 

パーソナルメンター制度とは?

受講生一人に対して、メンターと呼ばれる専属講師が一人つくことです。

 

TechAcademy 動画編集コースは、現役動画クリエイターのメンターがあなた専属で一人つき、学習をサポートしてくれることが特徴となっています。

 

現役動画クリエイターのパーソナルメンターには、わからないことはなんでも質問し放題です。学習のことはもちろん、動画クリエイターを目指す上で不安なことなど、どんなことでも気軽に質問することができます。

 

一般的な動画編集スクールとの違い

一方、一般的な動画編集スクールは、講師一人に対して受講生が複数人のところが多いです。

 

  • 一般的な動画編集スクール:講師一人に対して、受講生が複数人
  • TechAcademy 動画編集コース:講師一人に対して、受講生が一人

 

このような違いが、TechAcademy 動画編集コースと他の動画編集スクールの間ではあります。

 

TechAcademy 動画編集コースであれば、専属講師からみっちり学び、スキルはもちろん、いろんなノウハウを吸収していけるメリットがあります。

 

2. 週2回のマンツーマンメンタリングと毎日使えるチャットサポート

「オンラインだとサポートが薄くなってしまうのでは?」と感じる方もいるかもしれませんが、TechAcademy 動画編集コースはサポート体制も充実しています。

 

週2回のマンツーマンメンタリングで手厚くサポート

TechAcademy 動画編集コースでは、前述したパーソナルメンターとの「マンツーマンメンタリング」と呼ばれるビデオチャットの時間が週2回、1回30分あります。

 

マンツーマンメンタリングの時間では、現役動画クリエイターのメンターが、学習の進捗管理を始め、手厚くサポートしてくれます。

 

あなた自身が日々の学習でわからないことがあれば、メンタリングの時間を使い、深い悩みや疑問までしっかり解消することができます。

 

毎日使えるテキストでのチャットサポートも充実

また、マンツーマンメンタリング以外の時間は「テキストチャットサポート」を通じて、常駐している他の現役動画クリエイター講師にいつでも質問し放題となっています。

 

TechAcademyのテキストチャットサポートは、質問したことがすぐ返ってくることでもとても好評です。

 

というのも、他のオンラインスクールの中には、TechAcademyのようなビデオチャット、テキストチャットのサポートが充実していないところも多いからです。

 

その点TechAcademy 動画編集コースなら、プロの現役動画クリエイターがオンラインで手厚くサポートしてくれるので、転職やフリーランスに直結するスキルをしっかり身につけることができます。

 

3. オリジナル動画作成など、Adobe Premiere Proを使った実践スキルが身につく

Adobe Premiere Proを使った「実践的スキル」が身につくことも、TechAcademy 動画編集コースの特徴です。

 

TechAcademyはAdobe Premiere Proを中心に学ぶ

TechAcademy 動画編集コースで学ぶ内容は「Adobe Premiere Pro」を使った動画編集が中心です。

 

Adobe Premiere Proは、数ある動画編集ソフトの中でも最も需要が高く、多くの企業が採用しているソフトです。これから動画編集を始めたい初心者にとって、Adobe Premiere Proは「仕事につながりやすいメリット」があります。

 

Youtubeの動画編集もできるようになる

例えば、最近人気の「Youtubeの動画編集」も、TechAcademyを通じてAdobe Premiere Proが使えるようになると、できるようになります。

 

Youtubeの動画編集は、フリーランスや副業、転職など、とにかく案件が豊富です。フリーランスや副業、転職を目指す方にも間違いないカリキュラム内容となっています。

 

手を動かす実践型カリキュラムで、現場のスキルを習得

ここまで述べてきたAdobe Premiere Proを使った動画編集を、TechAcademy 動画編集コースでは、実際に手を動かす実践型カリキュラムで学習していきます。

 

具体的には、カリキュラム内では以下のような動画を実際に作っていきます。

 

カリキュラムで行うこと・身につくこと
  • インタビュー動画のカット編集
  • 細かいアニメーションの作成
  • 道案内動画の作成
  • トリック動画の作成

 

このような「オリジナル動画」の作成をカリキュラムを通じて徹底的に行います。全て手を動かしながら実践形式で学ぶからこそ、ただの知識ではなく、実際に使えるスキルまで身につけることができるのです。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースの悪い評判・口コミ

TechAcademy 動画編集コースの評判を紹介します。

 

結論、ほとんどが良い評判・口コミだったのですが、受講を検討している方からの「値段」に関するネガティブな評判・口コミが一つ見つかりました。

 

 

TechAcademyの値段は以下の通り、4週間174,900円〜12週間284,900円と「10〜20万円台」です。

 

TechAcademy動画編集コースの料金
  • 4週間:174,900円
  • 8週間:229,900円
  • 12週間:284,900円

 

値段だけ見ると決して安くなく、高いと感じる方も多いですよね。

 

とはいえ、動画編集スクールの多くは30〜40万円以上するスクールも多く、TechAcademyは相場よりもリーズナブルな値段で受講できることも事実。

 

最安値というわけではないですが、品質を考えると、コスパはかなり高いスクールであることは間違いありません。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースの良い評判・口コミ

次に、TechAcademy 動画編集コースの「良い評判・口コミ」をご紹介します。

 

 

良い評判・口コミ
  • 動画編集の一連のスキル(撮影・構成・編集など)を身につけることができた
  • Youtubeの動画編集案件ができるようになった

 

このように、身についたスキル・得られた仕事など「結果」に対しての、良い口コミが多かったです。

 

動画編集の一連のスキルを習得できた方や、中にはYoutubeの動画編集案件の仕事ができるようになった方などもいます。

 

受講生の口コミを見る限り、実践的なスキルを身に付け、仕事につなげることが十分実現できるスクールと言えるでしょう。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースのメリット

TechAcademy 動画編集コースのメリットをまとめると、次の通りです。

 

メリット
  • オンライン完結でスキル習得までできる
  • 現役動画クリエイターの専属サポートがある
  • チャットサポートを使い、オンラインでも挫折せずスキル習得できる
  • Adobe Premiere Proを使ったスキルが身につく
  • 様々なパターンの動画編集を経験できる
  • 最短4週間で約18万円と、相場よりもかなり安い
  • 受講終了後も、カリキュラムを永久無料でずっと閲覧できる

 

現役動画クリエイターによる専属サポートのもと、フリーランスや転職で使えるスキルをしっかり身につけることができます。

 

最短4週間・約18万円と短期かつリーズナブルにご受講いただける上に、学習で利用するカリキュラムは、受講期間終了後もずっと無料で閲覧できます。

 

メリットがかなり多いスクールと言えるでしょう。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースのデメリット

一方で、TechAcademy 動画編集コースにもデメリットはあります。まとめると次の通りです。

 

デメリット
  • 講師から対面で教わることはできない

 

TechAcademy動画編集コースは完全オンラインのため、講師と直接会い、対面で教わることはできません。教室受講したい方にとって、この点はデメリットとなるでしょう。

 

とはいえ、TechAcademyはその分、オンラインでの学習サポートが充実しています。最大手のオンラインスクールということもあり、オンラインでの各種サポート、ツールの充実度は整っています。

 

どうしても教室受講したい方以外には、TechAcademy動画編集コースは変わらずおすすめできますよ。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コースがおすすめな人

ここまでの特徴を踏まえて、TechAcademy動画編集コースは次のような方におすすめできます。

 

  • Premiere Proを使った動画編集スキルを身に付けたい方
  • Youtubeの動画編集ができるようになりたい方
  • オンラインでフリーランスや転職に直結するスキルを習得したい方
  • 短期間かつリーズナブルに受講したい方

 

いずれか当てはまる方は、TechAcademy動画編集コースは特におすすめです。

 

よくある質問

TechAcademy 動画編集コースでよくある質問にQ&Aで答えます。

 

TechAcademy 動画編集コースを使えば就職・転職できる?

結論、あなた次第です。

 

TechAcademy 動画編集コースで学べる内容は、プロが実際に使うAdobe Premiere Proを使った動画編集スキルです。スキル面では、TechAcademyを使えば就職・転職も十分目指せるものですが、いざ就職・転職を目指す場合は「ポートフォリオ」を準備する必要があります。

 

ポートフォリオとは?

自身のプロフィールや制作実績をまとめた、いわゆる履歴書のようなものです。

特に重要なのが「制作実績」です。制作実績の品質が良ければ、就職・転職は実現しやすくなります。

 

その点TechAcademy 動画編集コースは、カリキュラムの中でいろんな動画制作を行います。

 

カリキュラムで作った制作実績をポートフォリオとして提出もできますし、卒業した後に、より品質の高い制作実績を準備することもできます。

 

TechAcademy経由で就職・転職を目指すおすすめステップ

良い就職・転職を実現するなら、TechAcademyで学んだスキルを活かし、卒業後に「オリジナル動画」を制作・編集することをおすすめします。

 

自分だけの実績をイチから作り、ポートフォリオとすることで、就職・転職時における「企業からの評価」は高くなります。

 

TechAcademy(テックアカデミー)動画編集コース受講の流れ

今後の流れは次の通りです。

 

手順1
無料説明会・無料体験
本申込み前に、動画編集コースの詳細がわかる無料説明会や、オンライン学習システムを体験できる無料体験を利用する
手順2
受講の申込み・料金の支払い
受講意思が固まったら申込み・料金の支払いをする
手順3
学習スタート(4週間、8週間、12週間のいずれか)
希望する受講プランに沿って学習スタート
手順4
卒業
学習期間を終えたら卒業。卒業後もカリキュラムはずっと無料で閲覧可能
手順5
無料の就職・転職サポート(希望者のみ)
希望者は無料の就職・転職サポート「TechAcademyキャリア」を使って就職・転職活動する

 

まずは「無料説明会や無料体験」が最初のステップです。受講を迷っている方向けに、TechAcademyのいろんなコンテンツを無料で体験できるシステムです。

 

まずは無料説明会や無料体験を利用してみて、いま持っているイメージと相違がないか、チェックしてみることをおすすめします。その上で、良さそうであれば受講の申込みを行い、学習をスタートしていきましょう。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング7選比較!評判も紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です