おすすめ動画編集スクール

動画編集の難易度は難しい?本当は難しくない3つの理由

動画編集の難易度は難しい?本当は難しくない3つの理由

「これから動画編集を始めたいけど、動画編集って難しいのかな?」

「動画編集を初めて見たけど、色々と難しすぎる…」

 

このように思っていませんか?

 

結論からお伝えすると、動画編集の難易度が難しいは誤りで、本当は難しくありません。未経験でも動画編集を学び、個人で収入を得ることも十分実現できますよ。

 

そこでこの記事では、動画編集の難易度が難しいと感じてしまう3つの理由と、動画編集は本当は難しくない3つの理由を解説します。

 

さらに、動画編集が難しいと感じてしまっている方が、どのように難しいと感じる状態を乗り越えていけばいいか、動画編集が難しい状態を乗り越える具体的な3つの方法もご紹介します。

 

この記事を読めば、動画編集で難しいと感じることはなくなり、動画編集者として安定的に案件を受注し、自由を手に入れることもできるでしょう。

 

動画編集の難易度が難しいと感じる3つの理由

動画編集の難易度が難しいと感じる3つの理由

 

「動画編集の難易度は難しい」と感じる方はいますが、その理由は大きく以下の3つです。

 

  1. カットなど動画編集の技術が難しい
  2. 目指しているレベルが高すぎる
  3. 案件をなかなか受注できない

 

1. カットなど動画編集の技術が難しい

よくあるのはカットなど動画編集の技術自体が難しいというものです。

 

動画編集では、一つの動画を編集するにあたり、いろんなことを行います。

 

  • 動画をカットしたり
  • テロップを挿入したり
  • BGMや効果音を挿入したり
  • アニメーションを入れたり

 

などですね。

 

こういった作業を行う際には、Adobe Premiere Proや After Effectsといった動画編集ソフトを通常使います。動画編集ソフトの使い方を含めて、動画編集で仕事をする場合は、全て覚える必要があります。

 

このように、動画編集は必要な技術が複数ありますので、動画編集を始めたばかりの初心者の場合、これらの技術を難しいと感じることはあるでしょう。

 

2. 目指しているレベルが高すぎる

動画編集者を目指す方の中には「動画編集者の技術をトップクリエイター並みに磨いて、いつか月50〜100万円以上を稼ぐんだ」といった風に、非常に高いレベルを目指して取り組んでいる方がいます。

 

確かに動画編集の場合、月50〜100万円以上を得るポテンシャルは十分ある仕事ですが、さすがに初心者からトップクリエイターのレベルを目指すのは、目標としているレベルが高いように思います。

 

もちろん、目指すレベルを高く持つことはとても大事ですし、素晴らしいことです。長期的な目標は高いに越したことはないですし、動画編集には大きな夢を見て良いだけの将来性もあります。

 

ですが、特に初心者のうちは、目指す目標レベルを高く持ちすぎると、理想と現実のギャップに打ちひしがれてしまい、精神的に消耗し、途中で挫折することにもつながりかねません。私自身、そういった編集者を実際に見てきましたし、実例として多いですね。

 

3. 案件をなかなか受注できない

これも動画編集の初心者にあることですが、動画編集案件をなかなか受注できず、「動画編集って難しいのか」と感じている方もいます。

 

初心者の場合、どのように行動すれば動画編集の案件を受注できるか、具体的なルートはわからないはず。

 

そんな中、一人でもがきながら、でもなかなか結果に繋がらない。こういった日々を過ごしていたら、当然「動画編集は難しい」と感じてしまうでしょう。

 

動画編集が難しいと感じるシーンは他にもありますが、よくある理由はこの3つです。

 

動画編集は本当は難しくない3つの理由

動画編集は本当は難しくない3つの理由

 

冒頭でも述べた通り、動画編集は本来は難しくありません。その理由は大きく以下3つです。

 

  1. 動画編集は初心者でも習得しやすいスキルだから
  2. 動画編集に高いレベルは不要だから
  3. 動画編集は正しく行動すれば案件受注しやすいから

 

1. 動画編集は初心者でも習得しやすいスキルだから

一番大きな理由は、動画編集はそもそも初心者でも習得しやすいスキルだからです。

 

これは他のスキルと比べるとイメージがつきやすいので、事例を紹介しますね。

 

例えば、動画編集と並んで人気のスキルにWebデザインやプログラミングがあります。Webデザインやプログラミングも個人で稼ぎやすく、食いっぱぐれない手に職を身に付けたい方に人気ですが、問題なのはスキルを習得するのに一定の時間がかかることです。

 

Webデザインもプログラミングも、どちらもスキル習得までに半年から1年近くの時間がかかります。時間が割とかかるため、難易度は割と高めです。

 

その点動画編集は、正しい環境で勉強すれば、たった1ヶ月でも一通りのスキルを習得できます。覚える技術がそこまで多くないんですよね。

 

例えば「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較」で紹介しているような動画編集スクールを使えば、1ヶ月でスキル習得している方はたくさんいます。

 

「動画編集が難しい」と感じる方は、他のスキルと比べた場合の動画編集の難易度をよく見ることをおすすめします。初心者でもこんなに始めやすく、需要もあり、個人でも稼ぎやすいスキルは他にないですから。

 

もちろん最初はカット編集なども一苦労だと思いますが、他のスキルの水準と比べれば、難しいレベルにはまず入らないですよ。

 

詳細記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

2. 動画編集に高いレベルは不要だから

「動画編集で安定的に稼ぐなら、トップクリエイターの技術を身につけないといけない」と思う方は多いですが、動画編集で稼ぐために高いレベルは必要ありません。

 

なぜなら、動画編集者として安定的に案件を受注する場合、高い技術レベルよりも、仕事を発注してくれるクライアントの存在の方が、何倍も重要度が高いからです。

 

仕事を発注してくれるクライアントが求めていることは、高い技術力ではなく、期待通りの動画を納品してくれることだけです。

 

一般的な動画編集案件の場合、求められる動画のクオリティはトップクリエイターのレベルではなく、標準的な動画編集者のレベルで十分なんですよね。

 

そんな中「とにかく技術を磨かないと」と考えてしまうと、動画クリエイターの世界は上には上がいるので、きつく感じてしまうことも多いでしょう。

 

「普通のレベルでも動画編集は仕事になるし、安定的に収入を得ることもできるんだ」と考えられるようになると、心はスッと楽になるはずです。

 

3. 動画編集は正しく行動すれば案件受注しやすいから

「なかなか動画編集の案件を受注できない」と悩んでいる方はいますが、原因ははっきりしています。それは正しい方法で行動できていないからです。

 

動画編集案件を個人で受注することは、今の時代全く難しいことではありません。Youtubeを始め動画市場のニーズは年々高まっていますし、動画編集者の数も不足しています。

 

ですから、高いレベルがなくても、基本的な技術を身につけ、一般的な動画編集ができれば、案件は十分受注できるのです。

 

それでも仕事を獲得できずに困っている方がいるのは、そもそも動画編集の技術を我流で身につけてしまったか、あるいは案件受注の正しい方法を知らないことが要因として大きいです。

 

本来、動画編集は正しい方法で行動すれば、初心者でも案件受注しやすいです。

 

例えば動画編集は「副業案件」も多くあります。以下記事で挙げている副業案件などは、高い技術がなくても、案件を受注することができます。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説

 

とはいえ前述通り、我流で行動していると、仕事を獲得できない状態に陥ってしまう可能性も高いです。

 

ではどのように行動すると良いのか、ここからは「動画編集が難しいを乗り越える方法」を紹介していきます。

 

動画編集が難しいを乗り越える方法

動画編集が難しいを乗り越える方法

 

  1. 正しい環境で動画編集の技術を身につける
  2. 目標を最初から高く持ちしすぎない
  3. 失敗しても良いので、案件にとにかく数多くチャレンジする

 

この3つが動画編集が難しい状態を乗り越え、案件を安定的に受注し、自由に生きていくためのポイントです。

 

1. 正しい環境で動画編集の技術を身につける

一番重要なことは、正しい環境で動画編集の技術を身につけることです。

 

正しい環境の前に「正しくない環境」について触れておくと、正しくない環境は「独学」です。

 

動画編集は独学でも学べないことはないですが、、動画編集を仕事にしていきたいなら、独学を選んだ時点でビハインドを負うことになるのは覚悟する必要があります。

 

独学の場合、すべて我流になってしまうので、身につけたスキルが現場で通用するものなのか、判断がつかないまま学ぶことになります。技術だけでなく、どのような作法で案件を受注し、納品すればいいかも、独学の場合はすべて我流となります。

 

前述通り、独学でスキルを身につけ、個人で案件受注している方も中にはいますが、全体から見れば圧倒的に少数派であることも事実です。独学は10人いたら9人挫折してしまうのが実態なのです。

 

動画編集を正しい環境で学ぶには?

では正しい方法とは何か?結論、プロの動画編集者から直接学べる「動画編集スクール」を利用することがおすすめです。

 

動画編集スクールの良いところは、現場で実際に使われる技術やノウハウを学べることです。

 

独学ではすべて我流になってしまうとお伝えしましたが、動画編集スクールの場合はプロが仕事で実際に使っている技術を学べることが大きな違いです。

 

また、案件を実際に受注して納品するまでの流れや作法なども、動画編集スクールの場合は細かく指導してくれます。ここで学んだノウハウが、動画編集者として案件にチャレンジする際にかなり活きてくるのです。

 

動画編集スクールの質も良し悪しある【良いスクールを選ぼう】

もちろん、動画編集スクールが良いとはいえ、質が良くないスクールを選んだらダメですよ。ちゃんと質が伴ったスクールを選ぶことが大前提です。

 

ではどのスクールが良いか、おすすめの動画編集スクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較」の記事で紹介しています。

 

これまで10社以上の動画編集スクールを取材や調査してきて「このスクールなら稼げる動画編集者になれる」と自信を持っておすすめできるスクールだけ厳選しました。

 

動画編集スクールを検討する方は、詳細はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

詳細記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

2. 目標を最初から高く持ちしすぎない

動画編集スクールで学習した場合、動画編集の技術や案件受注面で困ることは少なくなります。

 

それでも、目標を最初から高く持ちすぎてしまうと、やはり理想と現実のギャップの大きさに打ちひしがれ、途中で挫折する可能性も出てくるでしょう。

 

その点でおすすめの目標は、ハードルが高すぎず、かつ人生を変えるために十分なおすすめ目標は「月5万円を動画編集で稼ぐこと」です

 

月5万円を稼ぐのは、動画編集であれば至って現実的な目標です。かつ月5万円は個人の人生を変えるには十分な金額でもあります。

 

月5万円収入が増えるだけでも、できることはかなり増えます。例えば、月5万円を30年間積み立てて、年利4.8%で運用すると、30年後には資産4,000万円になります。資産4,000万円なら、老後2,000万円問題も一瞬で解決できますよね。

 

また、月5万円収入が上がれば、毎月好きなことにお金を使うこともできますし、もう少し広くて住みやすい家に暮らすこともできるでしょう。

 

月5万円給料を上げるのって、会社員だとすごく大変ですよね。その点動画編集なら、早い人なら3ヶ月程度でも月5万円を得ている人はいます。

 

このように、最初は目標を高くしすぎず、現実的に達成できて、人生にもインパクトのある金額を目指すことがおすすめです。

 

3. 失敗しても良いので、案件にとにかく数多くチャレンジする

動画編集者として今後活動していく中では、きっと失敗することもあるでしょう。

 

例えば、「動画編集の案件に応募したけど、案件を受注できなかった」ということは、あなたが未経験の場合、これから一回は経験することと思います。

 

ですが「失敗=ダメなこと」「失敗=難しい」と捉えてしまうと、そこで終わってしまいます。

 

失敗はあくまで過程に過ぎません。未経験のうちこそ、とにかくいろんな案件にチャレンジし、失注しても良いのでトライし続けましょう。

 

案件をなかなか受注できず悩んでいる方は、今がいちばんの踏ん張りどころですよ。最初の一案件目をこなしてしまえば、それが実績になり、2案件目以降はかなり楽になります。とにかく行動し続けることを意識することが重要です。

 

まとめ

動画編集の難易度は難しい?本当は難しくない3つの理由

 

述べてきた通り、動画編集の難易度が難しいは誤りで、本来は難しくありません。

 

動画編集はいろんなスキルの中でも、未経験からスキルを習得しやすく、個人でも食べていきやすい仕事です。月5万円の収入であれば至って現実的な目標ですし、早い人なら3ヶ月程度でも実現できる目標です。

 

これからの時代、動画はますます市場が拡大していくでしょう。「動画編集が難しい」という理由で、動画編集を諦めてしまうのはさすがにもったいないです。

 

今回紹介した動画編集が難しいを乗り越える方法をベースに、理想の人生を必ず手にするためにも、行動を継続しましょう。そうすれば、未来の人生は明るいですよ。応援しています。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です