おすすめ動画編集スクール

動画編集を学ぶメリット7つ、デメリット1つ【学ぶ価値は大きい】

動画編集を学ぶメリット5つ、デメリット1つ【学ぶ価値は大きい】

Youtube人気の高まりや5Gの始まりにより「動画編集者」の需要は日々高まっています。

 

将来性ある動画編集者を目指す方は、10代〜20代など若い方を始め、30代や40代以上の方も増えていますが、同時に次のようなことが気になっている方も多いのではないでしょうか?

 

  • 「動画編集を学ぶメリットって具体的にどんなものがある?」
  • 「逆に、これから動画編集を学ぶ上で、事前に知っておくべきデメリットは?」

 

そこでこの記事では、動画編集を学ぶメリット7つと、デメリット1つを具体的に紹介します。

 

結論、動画編集を学ぶ価値は大きいです。デメリット以上に、得られるメリットが大きいからです。

 

この記事を読めば、これから動画編集を学びたい方が、動画編集を学んだ後に何を得られるか、その過程では何を犠牲にする必要があるか、両方の面で理解が深まるでしょう。

 

3分ほどで読めるので、これから動画編集を始めたいと考えている方は、最後まで読んでみませんか?

 

動画編集を学ぶメリット7つ

動画編集を学ぶメリット5つ

 

動画編集を学ぶメリットは次の通りです。

 

動画編集を学ぶメリット
  1. 仕事に困らなくなる
  2. 会社に依存しない手に職が得られる
  3. 時間や場所にしばられず働ける
  4. 副業できる
  5. 近い将来フリーランス独立も目指せる
  6. 人生を充実させるライフワークになる
  7. 生まれ持った特別な能力が一切必要ない

 

1. 仕事に困らなくなる

「仕事に困らなくなること」は、動画編集を学ぶ大きなメリットです。なぜなら仕事に困らなくなるかというと、一言で言えば「動画市場が圧倒的に成長しており、動画編集者の数が足りないほど、たくさんの仕事があるから」です。

 

動画市場の成長は、データを見ると一目瞭然ですのでご紹介しますね。以下はインターネット広告代理店の大手「サイバーエージェント」が調査した「動画広告市場の市場規模」のデータです。

動画編集の今後の将来性が高い3つの理由

出典:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

 

これを見ると、動画市場は「右肩上がりに成長すること」が見て取れます。事実、2020年に2,954億円だった市場規模は、2024年には約2,3倍の6,856億円まで拡大が予想されています。

 

動画市場の成長に伴い、人々が動画を消費する速度もどんどん早まっています。動画の消費が早くなる分、次から次へと新たな動画を市場が求めています。

 

にもかかわらず、肝心の動画編集者の数が足りていないです。そのため、動画編集者の需要は、過去類を見ないほどに高まっているのが実態です。

 

このような市場環境があるため、動画編集を学ぶことで仕事に困らなくなり、本当の意味での「安定」を手にすることも目指せるのです。

 

この一点だけでも、動画編集を学ぶメリットは大きいと言えるでしょう。

 

2. 会社に依存しない手に職が得られる

「会社に依存しない手に職が得られること」も、動画編集を学ぶ大きなメリットです。

 

これからの時代、どんな会社に勤めている方であっても、未来はどうなるかわかりません。トヨタ自動車のような大手企業ですら、終身雇用を守れないという時代です。20代、30代、40代の方が、今の会社に定年まで安定して勤め続けられる確率は、思っている以上に少ないでしょう。

 

そんなとき、いざとなったら自分の手で食べていける、家族を養っていける手に職があったらどうでしょうか?会社から仮に放り出されても、食いっぱぐれることはありません。自分の手に職を使い、食べていけばいいからです。

 

「いざとなったら自分の手で食べていける」「稼いでいける」そういう手に職を身につけておくことは、自身だけでなく、家族の安心や幸せにもつながるものです。動画編集の稼ぎについては「動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ」を参考にしてみてください。

 

関連記事動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ

 

3. 時間や場所にしばられず働ける

時間や場所にしばられず働けることも、動画編集を学ぶメリットです。

 

動画編集は、パソコンや動画編集ソフトさえあれば、いつでもどこでも仕事ができます。自宅で家族と過ごす時間をたっぷり確保したり、好きな街に移住し、豊かに暮らすことも実現可能です。

 

もしあなたが現在、毎日オフィスに通勤しないとできない仕事をしている場合、動画編集を学ぶことで、働き方を根本から変え、豊かな毎日を過ごすきっかけになるでしょう。

 

4. 副業できる

「副業できること」も、動画編集を学んで実現できるメリットです。

 

前述通り、これからの時代はどんな会社員であっても、未来はどうなるかわかりません。とはいえ、いきなり自分で独立して稼ぐことは、多くの方にとって現実的ではないでしょう。

 

そこでおすすめなのが「副業」です。副業であれば、今の会社を辞めることなく、平日夜や休日の時間を使って、低リスクで個人で稼ぐ経験を積むことができるからです。

 

とはいえ、多くの人は副業できるようなスキルを持っていません。その点動画編集なら、未経験でもできる副業案件も豊富なため、初心者から副業しやすいのです。

 

もちろん、動画編集の副業をするためには「ある程度のスキルを学ぶ必要」はあります。

 

とはいえ、動画編集は多くの人が思っているより難しくなく、むしろ短期集中でも習得可能なスキルです。

 

例えばプロの動画クリエイターから直接学べる「動画編集スクール」を使えば、未経験から2〜3ヶ月でも、副業に直結するスキルを習得できます。動画編集スクールとは、以下記事でまとめているようなスクールですね。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較

 

2〜3ヶ月でスキルを習得したら、その後は未経験OKの副業案件にチャレンジすれば、副業を始めることができます。動画編集の場合、副業で月5〜月10万円程度なら、未経験でも十分現実的です。

 

このように、動画編集を学ぶと、副業ができるようになります。副業の具体的な始め方は「未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説」を参考にしてみてください。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説

 

5. 近い将来フリーランス独立も目指せる

近い将来フリーランスとして独立できることも、動画編集を学ぶメリットです。

 

動画編集者の需要は高く、副業だけでなく、フリーランスとして生計を立てている方もかなり多いです。動画編集は案件が豊富であり、継続的に発注してくれる企業や個人も多いため、安定的な収入を得ながら独立も目指せるのです。

 

「いきなりフリーランス独立は怖い」という方も、最初は「副業」で経験を積みつつ、低リスクで独立の準備もしていけます。将来性があり、安定性もある動画編集は、フリーランス独立にもまさにぴったりな仕事なのです。

 

動画編集者としてフリーランス独立する方法は「フリーランス動画編集者として独立し、食べていく方法や収入・年収事情」を参考にしてみてください。

 

関連記事フリーランス動画編集者として独立し、食べていく方法や収入・年収事情

 

6. 人生を充実させるライフワークになる

動画編集を学ぶメリットは何も仕事だけではありません。

 

動画編集ができると、動画編集・映像制作という「創作活動」ができるため、人生の楽しみが増えることになります。

 

例えば最近は、動画編集を趣味で始める方も増えています。動画編集を趣味で始めれば、友達の結婚式のムービーを自作で編集して喜ばせたり、家族との思い出の時間を動画で残しておくこともできます。

 

このように、動画編集はそれ自体が人生を充実させるライフワークになります。しかも、趣味が仕事になる数少ない分野です。そういう意味でも、学ぶメリットは大きいと思いますよ。

 

動画編集を趣味で始める方法や実現できることは「動画編集・映像制作を趣味で始める3ステップや実現できること」で、動画編集の楽しさや魅力・やりがいは「動画編集者・映像クリエイターの7つの楽しさ・魅力・やりがい」の記事で詳しく解説しています。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

関連記事動画編集・映像制作を趣味で始める3ステップや実現できること

関連記事動画編集者・映像クリエイターの7つの楽しさ・魅力・やりがい

 

7. 生まれ持った特別な能力が一切必要ない

スポーツ選手や歌手など、世の中には特別な才能を持った方でないとなれない、できない仕事もあります。

 

その中で動画編集は、生まれ持った能力は一切必要ないことがメリットです。

 

どんな方でも正しい方法で学べば、動画編集スキルを身につけ、個人で仕事をしたり、人生を充実させることはできます。

 

このように、生まれ持った特別な能力が一切必要ないことも、動画編集のメリットと言えるでしょう。

 

動画編集のセンスや才能に関しては「動画編集・映像制作にセンスや才能は必要?【必要ない3つの理由】」で、動画編集の向き不向きは「動画編集に向いている人と向いていない人の違いは?向き不向きを解説」の記事でまとめています。こちらもぜひチェックしてみてください。

 

関連記事動画編集・映像制作にセンスや才能は必要?【必要ない3つの理由】

関連記事動画編集に向いている人と向いていない人の違いは?向き不向きを解説

 

動画編集を学ぶデメリット1つ

動画編集を学ぶデメリット1つ

 

一方で、動画編集を学ぶデメリットもありますので、こちらもご紹介しますね。

 

動画編集を学ぶデメリット
  1. 技術の習得までに一定の時間が必要

 

1. 技術の習得までに一定の時間が必要

技術の習得までに一定の時間が必要であることは、動画編集を学ぶデメリットです。

 

例えば「独学」で動画編集を学ぶ場合、相応に時間がかかります。完全独学で始め、個人で生計を立てられるようになるには、少なくとも1年程度は修行期間を見ておく必要があります。

 

加えて独学の場合、途中で挫折しやすいです。このように、動画編集を独学で習得する道は、決して簡単でないことを覚悟する必要があります。

 

動画編集スクールを使えば、必要な時間を大幅に短縮できる

とはいえ、動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較でまとめている動画編集スクールを利用し、プロから体系的に学べる環境を使えば、技術習得に必要な時間を大幅に短縮できます。

 

前述通り、動画編集スクールを活用すれば、未経験から2〜3ヶ月でスキル習得できます。また、スクール卒業後すぐに「月数万円」を稼ぐ方も卒業生には多いため、こちらも至って現実的な目標と言えるでしょう。

 

「動画編集を始めて数週間で稼ぐ!」というのはさすがに難しいですが、数ヶ月本気で取り組めば、動画編集は人生を変えるインパクトを持つスキルです。

 

動画編集の習得に必要な勉強時間は「動画編集を習得するまでの勉強時間・学習期間は?初収益を得るまでの期間も解説」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

 

また動画編集でしんどさを感じる場面もあります。詳しくは「動画編集でしんどい、辛い、大変、仕事きついと感じること【克服方法も解説】」でまとめているので、動画編集のネガティブな側面を知っておきたい方は、合わせてチェックしてみてください。

 

まとめ:動画編集を学ぶメリットは大きい

まとめ:動画編集を学ぶメリットは大きい

 

動画編集を学ぶメリット
  1. 仕事に困らなくなる
  2. 会社に依存しない手に職が得られる
  3. 時間や場所にしばられず働ける
  4. 副業できる
  5. 近い将来フリーランス独立も目指せる
  6. 人生を充実させるライフワークになる
  7. 生まれ持った特別な能力が必要ない
動画編集を学ぶデメリット
  1. 技術の習得までに一定の時間が必要

 

述べてきた通り、動画編集は技術習得までに時間を費やす必要がある点はデメリットですが、それ以上にメリットが大きいです。デメリットのスキル習得も、動画編集スクールのようにプロから体系的に学べる環境を使えば、数ヶ月で動画編集を身につけることができます。

 

動画編集を学べば、控えめにいっても人生変わります。いざとなったら会社に頼らずとも稼げる手に職が手に入りますし、副業で月5〜10万円の収入を得ることも現実的に可能です。

 

副業で稼げるようになれば、将来的にはフリーランスとして独立も目指せます。フリーランスであれば、時間や場所にしばられず自由に働き、本当の意味で豊かな人生を送ることもできるでしょう。

 

何より、動画市場は成長市場であり、今後も動画編集者の需要は高まり続けるでしょう。仕事に困らなくなるというメリットは、先行き不透明な時代だからこそ、強烈なメリットと言えるでしょう。

 

今日から行動すれば、最短2〜3ヶ月後には人生変わります。動画編集は学んで得することは多くあっても、損することはほとんどありません。まずは動画編集の学習から、始めてみてはいかがでしょうか?

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング6選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。