おすすめ動画編集スクール

動画編集で仕事きつい、しんどい、辛い、大変と感じること【克服方法も解説】

動画編集でしんどい、辛い、大変、仕事きついと感じること【克服方法も解説】

「動画編集を始めてみたけど、結構しんどいな…」

「動画編集に興味があるけど、どんな時に仕事がきついと感じるものなの?」

「動画編集で辛い、大変と感じることを知っておきたい」

 

このように思っていませんか?

 

動画編集は未経験の個人でも、短期間で稼げることで人気です。実際に多くの方が未経験から動画編集をスタートし、個人で月5〜10万円以上を稼げるようになっています。

 

とはいえ、動画編集を始めた方が全員楽に稼げるようになっているわけではありません。中には動画編集を始めたもののなかなかうまくいかず、しんどさや辛さ、大変さを感じる方もいるんですよね。

 

そこでこの記事では、動画編集で仕事きつい、しんどい、つらい、大変、辞めたいと感じることを挙げていきます。

 

加えて、動画編集がしんどい、つらい状態を「克服する3つの方法」も、記事で解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、動画編集で今しんどい思いをしている方も、これから動画編集を始めたい未経験の方も、どちらも動画編集で豊かな人生を送っていけるはず。

 

3分ほどで読めるため、目を通してみませんか?

 

動画編集で仕事きつい、しんどい、辛い、大変、辞めたいと感じること

動画編集でしんどい、辛い、大変、仕事きついと感じること

 

動画編集でしんどい、つらい、大変、仕事きついと感じることを挙げていきます。

 

動画編集でしんどい、つらい、大変、仕事きついと感じること
  1. 動画編集の学習がなかなか思うように進まないとき
  2. 動画編集の案件をなかなか取れないとき
  3. 動画編集の作業に時間がかかり過ぎているとき
  4. クライアントとのやりとりがうまくいかないとき

 

1. 動画編集の学習がなかなか思うように進まないとき

動画編集の学習をしていて、なかなか思うように進まない時は、動画編集がしんどいと感じるよくある場面です。

 

例えば「今年は動画編集を始めようと意気込み、動画編集用のパソコンや動画編集ソフトを用意し、いざ独学で学習を始めてみた。でも、なかなか学習が進まず、内容が頭に入ってこない」と、こういう初心者の方は多く存在しています。

 

動画編集だけの話ではないですが、新しい勉強を始めたときは、最初のうちは全体像が見えず、苦労することが多いです。

 

特に動画編集を独学で勉強している方は、わからないことも全部自分一人で解決しないといけません。例えるなら、出口の見えない暗いトンネルを一人でさまよっているようなもの。それはしんどいですよね…。

 

このように、動画編集の学習をしていて、なかなか思うように進まないときは、動画編集がきつい、しんどい、大変と感じてしまうシーンです。

 

2. 動画編集の案件をなかなか取れないとき

「動画編集のスキルを身につけたものの、なかなか案件を受注できない…」

 

このような「案件獲得ができない時」も、動画編集をやっていてきついと感じている方が多いシーンです。

 

そもそも動画編集は、個人で案件獲得しやすい仕事ではあります。例えばYoutubeの動画編集は、5Gの恩恵やYoutube人気の高まりにより、個人でチャレンジできる副業案件もたくさんあります。

 

Youtubeの動画編集であれば、未経験の状態からでも、最短3ヶ月程度でも案件受注を目指せるのです。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!初心者の始め方や案件単価、必要ソフトも解説

 

誰でも簡単に案件獲得できるわけではない

一方、誰でも簡単に受注できるかというとそうではなく、苦労している方も多いです。

 

特に動画編集を独学で勉強していて、案件受注ノウハウも全くわからないと、何件応募しても全部不採用、ということが起こり得ます。

 

正しい案件獲得方法を学べば、受注できないしんどさから解放されることも事実。ですが多くの方が直面しているしんどさが「案件をなかなか取れない辛さ」です。

 

3. 動画編集の作業に時間がかかり過ぎているとき

「動画編集案件を受注したものの、作業に時間がかかりすぎてきつい」

 

このようなシーンも、動画編集の仕事がきついと感じる場面です。

 

動画編集は慣れてくれば、作業スピードはどんどん早くなります。ですが、慣れていない初心者の頃は、一つの動画を編集するにも相応の作業時間がかかるもの。

 

一つの動画を編集するのに何時間もかかると「動画編集の作業がこんなに大変だとは思わなかった」と、きつさを感じてしまうことも無理はありません。

 

このように、動画編集の作業に時間がかかることは、動画編集が大変と感じるよくあるシーンです

 

4. クライアントとのやりとりがうまくいかないとき

「動画編集の案件を受注し、作業も苦じゃないけど、クライアントとのコミュニケーションが大変…」

 

決して多いシーンではないものの、こんな場面も、動画編集がしんどいと感じるタイミングです。

 

担当するクライアントによっては、要望が激しく、きつい場合もあります。

 

例えば、一度クライアントと合意をとって編集した動画を「やっぱり作り直してほしい」と何度も何度も修正をお願いされると、編集している立場としてはきついですよね。

 

また、納品時期を来週中までと合意を取っていたものの「やっぱり明日中に納品してほしい」と、急に納品日を変更してくるなども、動画編集者の立場としては苦しいところです。

 

こういった無理な要望をしてくる、いわば「モンスタークライアント」は少ないものの、中には存在します。

 

このように、動画編集が大変、しんどい、つらいと感じるパターンはそれぞれですが、ここまで紹介したような理由により、しんどい・辛いを感じている方は多いです。

 

動画編集で仕事きつい、しんどい、辛い、大変、辞めたい状態を克服する方法

動画編集でしんどい、辛い、大変、仕事きつい状態を克服する方法

 

動画編集はしんどい、つらい、大変、仕事きついと感じることもありますが、このような状態を克服するための方法も存在するので安心してください。

 

ではどのように克服していけばいいか?具体的なおすすめ方法は次の3つです。

 

動画編集がしんどい状態を克服する方法
  1. プロから正しい技術や案件獲得方法を学ぶ
  2. 動画編集の生産性を高める
  3. 自分の仕事を人に任せ、ディレクションできるようになる

 

1. プロから正しい技術や案件獲得方法を学ぶ

特に動画編集の学習や案件獲得で悩んでいる方におすすめなのは、プロから正しい技術や案件獲得方法を学ぶことです。

 

なぜなら、学習や案件獲得がうまくいかないのは「正しい方法を知らないこと」が大きな原因だからです。

 

例えば、動画編集を完全独学で勉強している場合、学習面や案件獲得面で苦労する人はかなり多いです。

 

前述通り、独学だと全部自分一人で解決しないといけません。これが相当大変なんですよね。

 

一方、プロの動画クリエイター学べる「動画編集スクール」を使い、正しい技術や案件獲得方法を学べば、動画編集を短期で習得できるだけでなく、身につけたスキルを仕事に活かし、収入を得ることも目指せます。

 

だからこそ、学習面や案件獲得面で悩んでいる方は、プロから学べる動画編集スクールを使うことがおすすめです。

 

とはいえ、動画編集スクールにも良くないスクールはありますので、良いスクールを選ぶことが必要となります。

 

参考までに、実践で使える動画編集スキルが身につき、近い将来、副業やフリーランスで仕事をする際に役立つスクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング8選比較!評判も紹介」の記事でまとめています。

 

これまで15社以上の動画編集スクールを取材や調査してきた経験から厳選しています。正しい動画編集の技術や案件獲得方法を学ぶなら、この中から気になるスクールを選ぶと間違いないです。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング8選比較!評判も紹介

 

2. 動画編集の生産性を高める

動画編集の編集作業に時間がかかりすぎている方は、動画編集の生産性を高めることで、悩みを解消できます。

 

動画編集の生産性とは「一つの動画を、早く、高品質に仕上げる技術を磨くこと」。

 

例えば、1本の動画を6時間かけて編集している人と、1本の動画を3時間で編集できる方は、後者の方が生産性が2倍高いです。

 

動画編集は技術を磨いていけば、生産性はどんどん高まっていきます。最初は6時間かかっていた編集作業も、5時間、4時間、3時間と、短い時間で効率的にこなせるようになります。

 

特にあなたが初心者であれば、生産性が足りていない可能性は高いです。逆に言えば、生産性を高めることで、しんどい状態を克服できる可能性が高くなります。

 

どうやって生産性を高めればいいの?とにかくたくさんの動画を作ること

動画編集の生産性を高めるためには、とにかくいろんな動画をたくさん編集し、経験を積むことです。

 

経験を数多く積めば、編集作業にもどんどん慣れていきます。

 

どんなことも「量」をやることは重要です。動画編集においても、量をたくさんやることで、生産性をどんどん高めていけますよ!

 

3. 自分の仕事を人に任せ、ディレクションできるようになる

動画編集の作業に時間がかかりすぎている人にもう一つおすすめなのは、自分の仕事を人に任せ、ディレクションできるようになることです。

 

動画編集の生産性を高めることは重要ですが、一人の人が1日にできる編集は数が限られることも事実。

 

その点、ディレクションを覚えて人を動かせるようになれば、一人ではできない量の編集をこなせるようになります。

 

年収1,000万円以上を稼ぐ動画編集者はディレクションに長けている

特に動画編集で年収1,000万円以上など高収入を得ている方は、個人で動画編集案件を受注するのではなく、チームとして動画編集案件を受注し、ディレクションポジションに回っているケースが多いです。

 

動画編集で月30万円などを目指すなら、ディレクションができなくても問題ありません。個人で案件を受けているだけでも十分到達できるからです。

 

一方、年収1,000万円以上など高年収を目指すなら、最終的には動画編集者をディレクションする立場にステップアップすることが近道です。

 

まとめ

動画編集でしんどい、辛い、大変、仕事きつい状態を克服する方法

 

動画編集でしんどい、つらい、大変、仕事きついと感じること
  1. 動画編集の学習がなかなか思うように進まないとき
  2. 動画編集の案件をなかなか取れないとき
  3. 動画編集の作業に時間がかかり過ぎているとき
  4. クライアントとのやりとりがうまくいかないとき
動画編集がしんどい状態を克服する方法
  1. プロから正しい技術や案件獲得方法を学ぶ
  2. 動画編集の生産性を高める
  3. 自分の仕事を人に任せ、ディレクションできるようになる

 

動画編集はしんどい、つらい、大変、きついと感じることはありますが、同時にすべて克服できる問題でもあります。

 

なにより、動画編集は未経験でも習得しやすく、個人で稼ぎやすいです。特に「動画編集スクール」を短期間だけでも利用するなど正しい方法で学べば、数ヶ月で月数万円を得ることも、動画編集であれば現実的な目標です。

 

動画編集はしんどさや大変さ以上に、得られるメリットや実現できる未来の可能性が大きいです。

 

だからこそ、しんどい、つらいという気持ちで挫折するのではなく、もう一踏ん張り頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

行動を継続すれば、明るい未来はもうすぐそこに待っていますよ!

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング8選比較!評判も紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。