おすすめ動画編集スクール

動画編集者・映像クリエイターの7つの楽しさ・魅力・やりがい

動画編集者・映像クリエイターの7つの楽しさ・魅力・やりがい

「動画編集者や映像クリエイターの楽しさややりがい、魅力や面白さってどんなところ?」と思っていませんか?

 

Youtube人気の高まりや、5Gの始まりにより、動画編集者や映像クリエイターの仕事は高い人気を集めています。

 

とはいえ、実際にどんなところが楽しくて、やりがいや魅力を感じるのか、働いたことがないとイメージがつかない方も多いのではないでしょうか?

 

そこでこの記事では、動画編集者や映像クリエイターの7つの楽しさややりがい、魅力や面白さをご紹介します。

 

これまで数多くの動画編集者や映像クリエイターとお会いしてきた経験から、共通してあがっていた項目を7つご紹介します。

 

3分ほどでサクッと読める文量です。ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

 

動画編集者・映像クリエイターの楽しさや魅力、やりがいや面白さ

動画編集者・映像クリエイターの楽しさや魅力、やりがいや面白さ

 

早速結論からお伝えすると、多くの動画編集者や映像クリエイターが共通して楽しさや魅力を感じているのは以下7つです。

 

  1. 動画を通じて人に笑顔や感動を与えることができる
  2. 動画を通じて人を動かすことができる
  3. 動画や映像を観た人の反響をダイレクトに知れる
  4. 自身の感性を活かすことができる
  5. 自分が作ったものがずーっと残る作品になる
  6. 市場が伸びているため、自身を必要とされる場面が多い
  7. 手に職が身につくため、人生で選べる選択肢・自由度が広がる

 

1. 動画や映像を通じて人に笑顔や感動を与えることができる

動画編集者や映像クリエイターは、動画や映像を通じて、人に笑顔を与えたり、感動を与えられることが大きな魅力です。

 

例えば、動画編集や映像制作ができると、結婚式などの「祝い事」の際に、オリジナル動画を創って、友人や知人をお祝いすることができます。

 

 

あなたの大事な家族や友人に、オリジナル動画をプレゼントして感動や笑顔を与えられるのは、動画編集者や映像クリエイターだからこそできることです。

 

このように、自分が創り上げた動画や映像を通じ、人に笑顔や感動を与えられることは、動画編集者や映像クリエイターならではの魅力・楽しさです。

 

2. 動画を通じて人を動かすことができる

動画を自由に創れるようになると、動画を通じて、人を動かすことができるようになることも魅力です。

 

例えば、あなたが何か商品やサービスを売りたい、多くの人に届けたい、知ってもらいたいと思ったとき、自分で一人一人に営業したりすることは大変ですよね。

 

その点動画編集者や映像クリエイターは、商品やサービスの魅力をわかりやすく伝える動画を創ることで、動画を通じて人を動かし、購入などにつなげることができます。

 

このような動画を使ったマーケティングは、これからの時代主流になると言われています。これらは動画編集者や映像クリエイターだからこそできることです。

 

このように、動画で人の心を動かすことができる点は、動画編集者や映像クリエイターのやりがいや魅力だと思います。

 

3. 動画や映像を観た人の反響をダイレクトに知れる

動画や映像の良いところは、動画や映像を観た人の反響をダイレクトに知れることです。

 

例えばYoutubeであれば、自分が創った動画をタイムリーに視聴者に届け、Youtube内のコメントやイイね、各種SNSの反響を通じて知ることができます。

 

自身が創った動画に「この動画本当に面白い!「すごく感動した!」という反響があるだけでも、動画編集者や映像クリエイターとしては気持ちが高まり、幸福感や達成感を感じるものです。

 

このように、動画や映像を観た人の反響をダイレクトに知れることも、動画編集者や映像クリエイターの面白さの一つです。

 

4. 自身の感性を活かすことができる

動画編集者や映像クリエイターは、自分自身が持つ感性を存分に活かせる仕事です。

 

例えば、動画に入れる音楽の選定や、動画の間のアレンジなどは、その人の感性が活きる瞬間です。

 

動画編集者や映像クリエイターは感性が必要な仕事ではないものの、感性があった方が自分だけの動画を創れることも事実です。

 

「自身の感性を活かしたい」そんなクリエイター気質な方は、動画編集者や映像クリエイターはまさに天職だと思います。

 

5. 自分が作ったものがずーっと残る作品になる

世の中の仕事はカタチに残らないものも多い中、動画や映像の良いところはカタチとしてずーっと残る作品になることです。

 

5年、10年、20年経っても、一度創った動画は残り続けますので、「あのときこんな動画創ったよな」と、当時の思い出を振り返ることもできるでしょう。

 

特に動画や映像の場合、映像や音など五感を存分に刺激するものなので、過去に作った動画を後から観るだけでも、当時のいろんな思い出や感情が、スッとフラッシュバックして思い出されるものです。

 

動画や映像があれば、人生の大切な思い出やそのときの感情を、いつでも引き出すことができるのです。

 

このように、動画はずーっと残る作品であり、人生の思い出を残す作品としても価値があります。この点だけでも、動画編集者や映像クリエイターはすごく魅力があると思いますよ。

 

6. 市場が伸びているため、自身を必要とされる場面が多い

動画市場がすごいスピードで成長しており、誰かに必要とされる場面が多いことも、動画編集者や映像クリエイターの魅力です。

 

実際にどのように成長しているのか、データをお見せしますね。以下は大手サイバーエージェントがまとめた、動画広告市場規模のデータです。

 

動画編集 魅力 面白さ

出典:サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

 

これを見ると、動画市場は年々右肩上がりに成長していることが見て取れると思います。

 

なぜ動画市場が伸びているかというと、Youtube人気の高まりや5Gの始まりなどもあり、多くの方が動画を日常的に観るようになっているからです。

 

動画の消費スピードがどんどん早くなっていることから、動画を生み出す動画編集者や映像クリエイターが必要とされる場面はますます増えていっています。

 

人生において「誰かから必要とされること」は、幸福の一つの大きな要素です。

 

その点動画編集者や映像クリエイターの場合、誰かから必要とされる機会がかなり多いため、幸福感は特に感じやすいです。

 

7. 手に職が身につくため、人生で選べる選択肢・自由度が広がる

動画編集者や映像クリエイターは、動画編集・映像制作という「手に職」が身につきます。

 

動画編集・映像制作は必要とされるスキルですから、動画編集や映像制作のスキルがあるだけで、人生で選べる選択肢や、自由度の高さは圧倒的に広がります。

 

例えば、動画編集スキルがあれば、個人で月5万円〜月10万円を稼ぐことは難しくありません。前述通り、市場が伸びており、必要とされる場面が多いからです。

 

つまり、動画編集や映像制作スキルがあれば、人生で食いっぱぐれることはなくなるのです。動画編集の稼ぎについては「動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ」で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

 

関連記事動画編集はもう稼げない?稼げる3つの理由と稼ぐまでの3ステップ

 

自由な働き方も実現しやすい

動画編集者や映像クリエイターは、パソコン1台で仕事ができますので、在宅ワークやリモートワークといった働き方も、フリーランスや副業といった働き方など、いろんなキャリアを実現していけます。

 

動画編集者や映像クリエイターのように、人生の選択肢・自由度が広がる仕事はなかなかありません。

 

「自分の人生を自分でコントロールしたい方」は、動画編集者や映像クリエイターを目指すと、自分の理想の人生を歩むことができるでしょう。

 

動画編集の副業に興味がある方は、以下の記事で詳細をチェックしてみてください。

 

関連記事未経験から動画編集の副業で収入を得る方法!始め方や案件単価、必要ソフトも解説

 

動画編集者・映像クリエイターはどんな方におすすめ?

動画編集者・映像クリエイターはどんな方におすすめ?

 

ここまで紹介したことを踏まえて、動画編集者・映像クリエイターは、次のような方にこそおすすめしたいです。

 

  • 動画を通じて人に感動や笑顔を与えたい人
  • 人の心を動かしてみたい人
  • 自分の仕事の反響をダイレクトに知りたい人
  • 自身の感性を活かしたい人
  • 生涯カタチに残るものを創りたい人
  • 誰かに必要とされる仕事がしたい人
  • 人生の選択肢・自由度を高めたい人

 

これらいずれか一つでも当てはまる方は、動画編集者・映像クリエイターを目指すことは特におすすめです。

 

まとめ:動画編集者・映像クリエイターは楽しさもやりがいも大きい

まとめ:動画編集者・映像クリエイターは楽しさもやりがいも大きい

 

記事の内容をまとめます。

 

動画編集者・映像クリエイターの7つのやりがいや楽しさ、魅力

  1. 動画を通じて人に笑顔や感動を与えることができる
  2. 動画を通じて人を動かすことができる
  3. 動画や映像を観た人の反響をダイレクトに知れる
  4. 自身の感性を活かすことができる
  5. 自分が作ったものがずーっと残る作品になる
  6. 市場が伸びているため、自身を必要とされる場面が多い
  7. 手に職が身につくため、人生で選べる選択肢・自由度が広がる

動画編集者・映像クリエイターがおすすめな人

  • 動画を通じて人に感動や笑顔を与えたい人
  • 人の心を動かしてみたい人
  • 自分の仕事の反響をダイレクトに知りたい人
  • 自身の感性を活かしたい人
  • 生涯カタチに残るものを創りたい人
  • 誰かに必要とされる仕事がしたい人
  • 人生の選択肢・自由度を高めたい人

 

述べてきた通り、動画編集者・映像クリエイターは、魅力ややりがい、面白さがたくさんある仕事です。

 

動画領域は市場が伸びており、まだまだ参入者も少ないため、今の段階から未経験で動画編集者・映像クリエイターにチャレンジすることは特におすすめです。

 

もしあなたが未経験から動画編集や映像制作を学び、動画編集者や映像クリエイターになりたいなら、プロのクリエイターから学べる「動画編集スクール」を利用することが一番近道となります。

 

未経験から動画編集者・動画クリエイターを目指せるスクールは以下記事でまとめているので、よければ参考にしてみてくださいね!

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング5選!徹底比較

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。