おすすめ動画編集スクール

After Effectsの独学勉強法!仕事レベルまでの習得期間やステップを解説

After Effectsの独学勉強法!仕事レベルまでの習得期間やステップを解説

「After Effectsを習得したいけど、独学で勉強できるものなのかな…」

「After Effectsで仕事レベルになるためには、どれくらいの勉強時間がかかるの?」

「After Effectsを独学で学ぶ勉強法をわかりやすく教えてほしい」

 

このように悩んでいませんか?

 

結論からお伝えすると、After Effectsは独学でも習得できます。短期間で仕事レベルになることも目指せますよ。

 

そこでこの記事では、需要の高い動画編集ツールであるAdobe After Effects(アドビアフターエフェクト)をこれから学びたい方向けに、以下のことを解説します。

 

この記事でわかること

  • After Effectsは独学でも習得できる理由
  • After Effectsで基礎レベル・仕事レベルになるまでの習得期間・勉強時間
  • After Effectsを独学で勉強する方法・3ステップ
[list]

 

この記事を読めば、After Effectsで仕事レベルになるまでの期間や、After Effectsを独学で勉強していく方法がわかりますよ。

 

After Effects(アフターエフェクト)は独学でも習得できる理由

After Effects(アフターエフェクト)は独学でも習得できる理由

 

冒頭の通り、After Effectsは独学でも習得可能です。理由は大きく3つあります。

 

[list class="ol-circle li-accentbdr acc-bc-before"]
  1. After Effectsの使い方は複雑ではなく習得しやすいから
  2. After Effectsは独学で学べる環境も整っているから
  3. After Effectsを独学で習得している人も数多くいるから

 

1. After Effectsの使い方は複雑ではなく習得しやすいから

世の中にはいろんなスキルや分野があります。Webデザイン・Webマーケティング・語学など、たくさんのスキルや分野がありますよね。

 

問題なのは、多くのスキルや分野は初心者から習得するには少し複雑なものが多いことです。例えば語学をイチから学ぼうとすると、年単位で時間がかかることになります。

 

その点で、After Effectsの良いところは「使い方が複雑ではなく、習得しやすいこと」です。後述しますが、After Effectsの使い方を覚えるなら、独学でも比較的短期間で学べます。

 

このように、After Effectsの使い方がそもそも複雑ではないことは、After Effectsは独学でも習得できる理由の一つです。

 

2. After Effectsは独学で学べる環境も整っているから

何かを自分一人で独学で勉強する際は、独学でも習得できるツールを選んで学習することが必要となります。

 

その点After Effectsは、独学で学べる環境も整っています。

 

例えばUdemyのような「オンラインの動画教材」を利用すれば、動画で視覚的に学べる教材のもと、いつでもどこでも24時間、好きなタイミングで学習を進めることが可能です。

 

他には「本」を使って学習も良いでしょう。最近はAdobe After Effectsの使い方をゼロから学べる本も数多く出ています。

 

このように、After Effectsを独学で学ぶ環境は今の時代整っています。このことも、After Effectsを独学で習得できる理由の一つです。

 

3. After Effectsを独学で習得している人も数多くいるから

「After Effectsが複雑ではなく、独学で学べるとは言っても、独学でスキルを身につけている人なんて本当にいるの??」と疑ってしまう方もいるかもしれません。

 

結論、After Effectsは独学で習得している人もたくさんいる分野です。

 

After Effectsを独学で身につけた人の事例を紹介

百聞は一見にしかず、After Effectsを独学で身につけた人の事例や声を紹介しますね。

 

 

このように、実際に多くの方がAfter Effectsを独学で学んでスキルを身につけています。

 

After Effects(アフターエフェクト)で基礎レベルや仕事レベルになる習得期間

After Effects(アフターエフェクト)で基礎レベルや仕事レベルになる習得期間

 

After Effectsで基礎レベル・仕事レベルになるまでの習得時間をまとめると、概ね次の通りです。

 

  1. After Effectsの基礎レベル(After Effectsの基礎や使い方を覚えるまで):約1〜2ヶ月間
  2. After Effectsの仕事レベル(After Effectsを使って実際に収入を得るまで):約3ヶ月〜半年間

 

After Effects(アフターエフェクト)で基礎レベルになるまでの習得期間

After Effectsで基礎レベル(After Effectsの基礎や使い方を覚えるまで)になるには、だいたい1〜2ヶ月間の期間が必要となります。

 

例えば先ほど紹介したUdemyのようなオンライン動画教材を活用すれば、After Effectsの基本的な使い方を効率的に学べます。

 

もちろん、利用する学習方法によっては、もっと時間がかかってしまう場合もあります。

 

不安な方は、Udemyのような体系的な講座を使うことが、短期間でAfter Effectsの基礎を身につけるおすすめの方法です。

 

After Effects(アフターエフェクト)で仕事レベルになるまでの習得期間

After Effectsの仕事レベル(After Effectsを使って実際に収入を得るまで)になるまでは「約3ヶ月〜半年間」が目安です。

 

After Effectsで実際に仕事を請けるためには、ただ基本や使い方を覚えるだけでなく、学んだことを実務に活かす実践力が求められます。

 

実践力を養うためには、実際にいろんなパターンの動画をAfter Effectsで作ってみることが必要です。動画作りをたくさん経験していくうちに、実務で使える実践力が磨かれるからです。

 

いろんな動画作りにチャレンジするには、基本スキルを覚えた上で、追加でだいたい数ヶ月ほどの期間を要します。ですから、だいたい3ヶ月〜半年間ほどが、仕事レベルになるまでの習得期間となります。

 

After Effects(アフターエフェクト)を独学で勉強する方法【3ステップ】

After Effects(アフターエフェクト)を独学で勉強する方法【3ステップ】

 

ここからは、After Effectsを独学で勉強する方法を、実際の流れに沿って紹介します。

 

結論、ステップは以下の3つです。

 

手順1
After Effects(アフターエフェクト)の基礎や使い方を学ぶ
中身1
手順2
After Effects(アフターエフェクト)を使って実際に動画を作ってみる
中身2
手順3
After Effects(アフターエフェクト)を使った仕事にチャレンジしてみる
中身3

 

1. After Effects(アフターエフェクト)の基礎や使い方を学ぶ

ファーストステップはAfter Effectsの基礎や使い方を学ぶことです。

 

学習方法はいろいろありますが、おすすめの学習法は次の2つです。

 

  1. オンライン動画教材を使って学ぶ
  2. 本を使って学ぶ

 

特におすすめは、1の「オンライン動画教材を使って学ぶこと」です。

 

例えば、先ほど挙げたUdemyのようなオンライン動画教材を活用することは、初心者に一番おすすめな方法です。

 

動画教材の良いところは、実際の操作方法を動画で観ながら、見よう見まねでマネして学べることにあります。

 

After Effectsに限らず、動画編集・映像制作はとにかく手を動かして学ぶことが上達の秘訣です。動画教材であれば、映像で観ながら手を動かして学べるため、独学で一番おすすめな方法となります。

 

もう一つは本で学習することです。本の場合、動画教材と異なり文字や画像がベースとなるため、動画よりは少し学びづらいことがデメリットです。

 

ですが、良質な本は基礎や使い方を体系的に学べるため、オンラインの動画教材をメインにしつつ、評価の高い入門書を一冊手元に置いておくことは悪くない学習方法です。

 

2. After Effects(アフターエフェクト)を使って実際に動画を作ってみる

動画教材や本で基本的な使い方を学んだら、次は実際に動画を作ってみましょう。

 

「えっ?もう動画を作るの??作れる自信なんて全くないよ」と不安に感じてしまったかもしれません。

 

もちろん最初からオリジナルの動画を作れる必要はないので安心してください。ここでやるべきことは、すでに出来上がっている動画を見よう見まねでマネして作ってみることです。

 

すでにある動画をマネして作るため、どんな動画を作るかといった構成で悩む必要はありません。実際にマネして作る過程で、ステップ1で学んだ基礎や使い方を、実践で使える実務レベルに高めることができます。

 

もちろん最初はマネするだけでも一苦労です。その際に「なんでできなかったのか」「何の理解がまだ足りていないのか」ということをしっかり言語化して学ぶことが必要です。

 

こうやって一つずつできないことを潰していくことで、動画を自分自身で作れるレベルに到達可能です。

 

最終的にはオリジナルの動画制作にチャレンジしよう【あなただけの制作実績・ポートフォリオになる】

ある程度マネして動画作りを経験したら、自分独自のオリジナル動画にチャレンジしていきましょう。

 

なぜなら、自分独自で作った動画は「制作実績・ポートフォリオ」になるからです。

 

MEMO
  • 制作実績とは:あなた自身が作った制作物のこと。After Effectsを使って制作した動画作品を指す。
  • ポートフォリオとは:自身の制作物やプロフィールをまとめたもの。実案件に応募する際にポートフォリオを添付することで、受注率を高めることが可能

 

ここで作ったオリジナル動画をポートフォリオとしてまとめ、それを武器に次のステップで実案件にチャレンジしていきます。

 

3. After Effects(アフターエフェクト)を使った仕事にチャレンジしてみる

いろんな動画をマネして作る経験を通じ、自分で動画を制作・編集できる自信ができたら、After Effectsを使った仕事にチャレンジしていきましょう。

 

もちろん最初はわからないことが多く、不安も大きいと思います。ですが、わからないことがあれば都度調べながら進めていけば大丈夫ですよ。

 

After Effectsで仕事をスタートするにあたり、一番大変なのは最初の案件です。逆に言えば、最初の案件さえ何とか乗り越えてしまえば、2件目以降はグッと楽になるということでもあります。

 

だからこそ、このフェーズで実案件にチャレンジし、納品完了までの経験を積みましょう。

 

After Effectsの案件はどうやって獲得すればいいの?

初心者であれば、最初はクラウドソーシングサイトを利用することが一番代表的な方法です。

 

MEMO

クラウドソーシングサイトとは「仕事を探している人」と「仕事を依頼したい人や企業」をマッチングするプラットフォームです。

仕事を探している人は、掲載されている案件に応募することで、仕事にチャレンジできます。

 

初心者向けのAfter Effects案件が豊富な代表的クラウドソーシングサイトはクラウドワークスです。クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサイトであり、たくさんの案件が掲載されています。

 

この中から気になる案件を探し、仕事にチャレンジしてみましょう。晴れて受注ができたら、あとは学んだことを活かしてクライアントの希望に合う形で納品します。納品まで完了したら、おめでとうございます。After Effectsで初収益の達成です。

 

以上がAfter Effectsを独学で習得し、仕事を完了させるまでのステップです。

 

After Effects(アフターエフェクト)を独学で習得する自信がない方へ

After Effects(アフターエフェクト)を独学で習得する自信がない方へ

 

ここまで読んできて「自分にもできそう!」と感じた方もいれば「私にはちょっと難しいかも」と不安に感じた方もいるかもしれません。

 

After Effectsは独学でも習得できますが、中には以下の方のように、独学で諦めそうになっている方も実際にいます。

 

 

独学で学ぶ自信がない方におすすめなのは、After Effectsを「動画編集スクール」で学ぶことです。

 

最近はたくさんの動画編集スクールがあります。その中には質の悪いスクールもあるため注意が必要ですが、中にはリーズナブルな価格で受講でき、After Effectsを始めとするプロの動画クリエイターに必要なスキルを学べる「高品質な動画編集スクール」も存在します。

 

例えば、未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクールの「STUDIO US」は、月4,584円・55,000円から受講できる高品質なスクールの代表格です。

 

After Effectsの基本だけでなく、Adobe Premiere Proの基礎や、Youtubeの動画編集・映像制作まで学べて、月4,584円からです。

 

After Effectsの動画教材や本は、数千円から1万円以上かかるものも多いです。たくさんの教材や本を購入して学ぶよりも、STUDIO USのようなオンラインスクールを利用した方が、逆に安く学べる可能性もあります。

 

実際のところ、After Effectsにチャレンジする方の中には、以下のように先行投資として、動画編集スクールを利用する方も多いです。

 

 

スクールであれば、独学とは異なり、わからないことはいつでもプロの現役動画クリエイターに質問可能です。

 

カリキュラムの中で動画作り・ポートフォリオ作りもまとめて経験できるため、スムーズにAfter Effectsで仕事を始めることも目指せますよ。

 

特に、前述した「STUDIO US」は受講料が業界最安級のため、お金が理由で独学を検討している方にも特におすすめです。

 

独学とスクールで悩む方は、まずは「無料相談」をしてみることもおすすめ

STUDIO USは「無料相談」をオンラインで開催しているため、独学とスクールで悩んでいる方は、一度相談してみることもおすすめです。

 

相談だけなら「完全無料」で、After Effectsの学習に関する悩みも無料でアドバイスをもらえますよ。

 

あれこれネットの情報を探して迷うより、プロによる的確なアドバイス一つの方が、自身の今後に役立つことも多いです。

STUDIO US公式サイトはこちら

 

MEMO

STUDIO USを筆頭に、おすすめの動画編集スクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング10選比較!評判も紹介」でもまとめています。あわせてご覧くださいませ。

 

まとめ

After Effectsの独学勉強法!仕事レベルまでの習得期間やステップを解説

 

述べてきた通り、After Effectsは独学でも習得できます。Udemyのようなオンライン動画教材を利用し、いろんな動画を見よう見まねで作っていけば、実践力も自然と磨かれていきます。実践力を武器にオリジナル動画・ポートフォリオを準備し、実案件にチャレンジしていきましょう。

 

一方で、独学でできる自信がない方も多いと思います。不安な方は「STUDIO US」のような安くて質の高い動画クリエイタースクールを利用することも賢い選択です。独学でいろんな教材に手を出すより、スクール一本で短期集中で学んだ方が速いですし、逆に安く済む可能性すらありますよ。

 

今回紹介したAfter Effectsが学べる動画教材とスクール

  1. Udemy【オンライン動画教材。After Effectsの使い方を学べる動画教材がたくさん販売されている】
  2. STUDIO US【未経験からプロの動画クリエイターを目指すオンラインスクール。月々4,584円から】オンライン無料相談を開催中

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング10選比較!評判も紹介

人気記事【初心者向け】After Effectsを学べるオンライン講座・スクールおすすめ5選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。