おすすめ動画編集スクール

わずか1ヶ月でも動画編集者になることは可能!最短の3ステップを解説

1ヶ月でも動画編集者になることは可能!最短ルートを解説

「動画編集に興味があるけど、1ヶ月でも習得できるのかな?」

「1ヶ月の短期集中で、動画編集者として稼げるようになりたい」

 

このように思っていませんか?

 

動画編集は、いま最も人気を集めるスキルと言っても過言ではありません。Youtubeなど動画人気の高まりや、5Gの恩恵もあり、動画の消費スピードは年々加速しています。動画のニーズが高まり続けているため、動画編集者の需要も年々増していることが今の現状です。

 

とはいえ、動画編集を学ぶためにできるだけ時間はかけたくない、できれば1ヶ月など短期で学びたいと思う方も多いのではないでしょうか?

 

結論、動画編集は正しいステップで行動すれば、1ヶ月でスキルを習得し、個人で初収益を得ることも達成可能です。

 

そこでこの記事では、1ヶ月でも動画編集者になれる3つの理由と、1ヶ月で動画編集者になって初収益を得る最短ルートを解説します。

 

この記事を読んで行動すれば、今から1ヶ月後に動画編集で初めての収入を得ることも目指せますよ。

 

1ヶ月でも動画編集者になれる3つの理由

わずか1ヶ月でも動画編集者になれる3つの理由

 

1ヶ月で動画編集者になれる3つの理由は次の通りです。

 

  1. 動画編集は1ヶ月でも習得できるから
  2. 実務未経験でもチャレンジできる案件はたくさん存在するから
  3. 1ヶ月で動画編集者として初収益を得られた方も多くいるから

 

1. 動画編集は1ヶ月でも習得できるから

世の中にはいろんなスキルがありますが、1ヶ月でスキル習得できるものはかなり少ないです。

 

その点動画編集は、正しい方法で学べば、最短1ヶ月でも仕事で使えるスキルを身につけることができます。

 

もちろん、適当に独学で勉強していたら、本来1ヶ月で身につくスキルも身につきません。ですから「どこで、どんな学習をするか」は、1ヶ月で動画編集を身につけるなら特に重要です。

 

ではどうやって学習すれば1ヶ月でスキル習得ができるのか?例えば「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング8選比較!評判も紹介」で紹介している動画編集スクールを活用すれば、あなたが完全未経験でも、1ヶ月後に仕事で使えるスキルを基本から習得できます。

 

動画編集のスキルはそこまで複雑ではなく、体系化されています。ですから、スクールのような環境で学習すれば、未経験でもそこまで無理なく、スキルを習得できます。

 

このように、動画編集は「動画編集スクール」のような正しい方法・環境で学べば、1ヶ月でも仕事で使えるスキルを習得できます。

 

2. 実務未経験でもチャレンジできる案件はたくさん存在するから

「1ヶ月でスキルを身につけられたとしても、実務経験がない方だと案件は獲得できない」と思っていませんか?

 

実は動画編集は、実務未経験でもチャレンジできる案件がたくさん存在しています。

 

ですから、1ヶ月で正しいスキルを習得すれば、その時点で実案件にチャレンジすることができるのです。

 

ではどうやって未経験者は案件を探せばいいのか?具体的な案件の探し方は後述しますので、まずは続きをどうぞ。

 

3. 1ヶ月で動画編集者として初収益を得られた方も多くいるから

「案件がたくさんあっても、実際に1ヶ月で初収益を得た方なんて全くいないのでは?」と思ってしまいますよね。

 

実は動画編集の場合、未経験から1ヶ月で初収益を得られた方はたくさん存在します。

 

1ヶ月で初収益を得られた方々のリアルな声を紹介

百聞は一見にしかず、実際に1ヶ月で初収益を得られた方々の声を紹介しますね。

 

 

このように、多くの方が学習を始めて1ヶ月の時点で初収益を達成。2ヶ月目以降も順調に収益を伸ばしています。

 

こういった事例はあなたが思っているよりたくさんあります。前述通り、動画市場は右肩上がりに成長しており、動画編集案件の数も増えているからです。

 

以上が、わずか1ヶ月でも動画編集者になれる理由です。

 

ここまでのまとめ(1ヶ月で動画編集になれる3つの理由)

  1. 動画編集は1ヶ月でも習得できるから
  2. 実務未経験でもチャレンジできる案件はたくさん存在するから
  3. 1ヶ月で動画編集者として初収益を得られた方も多くいるから

 

1ヶ月で動画編集者になる最短ルート【ステップは3つだけ】

1ヶ月で動画編集者になる最短ルート【ステップは3つだけ】

 

ここからは、1ヶ月でプロの動画編集者になる最短ルートを解説します。結論、ステップは多くなく、次の3つだけです。

 

  1. 動画編集スクールで1ヶ月集中して学習する
  2. 並行してポートフォリオを準備する
  3. 動画編集の実案件に応募する

 

1. 動画編集スクールで1ヶ月集中して学習する

本来、動画編集スキルを身につける方法は大きく2つあります。

 

  1. 独学で学ぶ
  2. スクールで学ぶ

 

結論、1ヶ月という短期間で動画編集者を目指すなら「スクール一択」です。なぜならスクールの方が、稼ぐために必要なスキルを、最短最速で習得できるからです。

 

動画編集は独学でもできないことはないですが、時間が相応にかかる上に、何より途中で挫折しやすいです。1ヶ月だとかなり厳しいため、時間や確実性を重視したい方にはおすすめしません。

 

一方で動画編集スクールであれば、個人で案件獲得し、食べていくためのスキルを最短1ヶ月でも習得できます。

 

動画編集スクールでは、プロの現役動画クリエイターが、今まさに現場で実際に使っているスキルやノウハウをわかりやすく教えてくれます。学んだことをすぐに実践で使っていけるため、独学と比べると圧倒的に学習効率が良いことが特徴です。

 

動画編集スクールも良し悪しあり。良いスクールを選ぶことが何より重要

動画編集スクールが良いとはいえ、それでも中には品質が悪く、プロの動画クリエイターに必要なスキルやノウハウを学べないスクールもあります。だからこそ、良いスクールを選ぶことが何より重要です。

 

参考までに、これまで10社以上の動画編集スクールの取材や調査をしてわかった、本当におすすめできる動画編集スクールは「動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング7選比較!評判も紹介」で紹介しています。

 

品質の良くない動画編集スクールは排除した上で「この中から選ぶと間違いない」と自信を持って言えるスクールのみ厳選しました。よければこの中から、あなたの目的に合いそうなスクールを探してみてください。

 

2. 並行してポートフォリオを準備する

動画編集スクールでスキルを学びつつ、並行してポートフォリオを作ってみましょう。

 

ポートフォリオって?

ポートフォリオとは、あなたの経歴や制作実績をまとめた、いわゆる「履歴書」のようなものです。

 

中でも重要なのは「制作実績」です。制作実績とは、あなた自身が作った動画作品を指します。質の高い制作実績をポートフォリオに入れることで「案件の受注率」が大きく上がります。

 

「えっ?ポートフォリオなんて作れないよ」と不安に思ってしまった方もご安心ください。動画編集スクールで実践的なスキルを学べば、一定の動画編集はすでにできる状態になっています。

 

身につけたスキルをもとに、簡単でも良いので、オリジナル動画や、自分で編集した動画を作成しましょう。ここで作ったものが、次のステップで実案件にチャレンジする際に、自身のスキルを証明するポートフォリオとして提出できます。

 

一人でポートフォリオを準備できるか不安な方へ

「やっぱり自分で制作実績を作れる自信がない」と思った方もご安心を。

 

前述した動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング7選比較!評判も紹介の中には、カリキュラムの中で制作実績を準備できるスクールもあります。

 

ポートフォリオ作成までスクールで行う場合、1ヶ月というのはさすがに難しく、数ヶ月ほどは期間がかかってしまいます。ですが、少し時間がかかっても、良いポートフォリオを準備して盤石の体制で臨みたい方は、スクールで学んだ方が確実です。

 

関連記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング7選比較!評判も紹介

 

3. 動画編集の実案件に応募する

動画編集スクールでスキルを習得し、ポートフォリオまで準備ができたら、早速動画編集案件に応募しましょう。

 

「もうこの段階に応募するの?」と思ったかもしれませんが、全く問題ありません。

 

むしろ早いうちに実案件にチャレンジすることで、動画編集者として稼ぐまでの期間は短くなりますし、月10万円以上を稼ぐことも早期に実現できます。

 

初心者の案件探しはクラウドソーシングがおすすめ

案件を探す場所は、初心者であれば「クラウドソーシングサイト」がおすすめです。

 

クラウドソーシングとは、仕事を探している人と、仕事をお願いしたい人をマッチングするプラットフォームです。代表的なサイトは「クラウドワークス」ですね。

 

クラウドソーシングのメリットは、実務経験がなくてもできる案件が多いことです。

 

動画編集スクールでスキルを身につけ、ポートフォリオを用意すれば、クラウドソーシングサイト経由なら未経験者でも案件受注ができます。

 

一方でクラウドソーシングにもデメリットはあり、単価が安いことです。あくまで「経験を積む場」として使うことが良いでしょう。

 

無事受注できたら、あとはクライアントの希望に合わせて編集を行います。わからないことがあれば調べながらでも大丈夫です。編集作業が終了したら納品し、初収益の達成です。

 

動画編集の仕事の取り方・案件の探し方は「動画編集の仕事の取り方・案件の探し方は?7つの受注方法を徹底解説」でも詳しく解説しているので、よければ参考にしてみてください。

 

以上が1ヶ月で動画編集者になる最短ルートです。このステップで行動すれば、あなたも今から1ヶ月後に動画編集で初収益を得ることも目指していけますよ。

 

まとめ:1ヶ月でも動画編集者になることは可能

まとめ:1ヶ月でも動画編集者になることは可能

 

最後に、終身雇用の崩壊、年金不安など、先が見えない時代です。これからは、何かあったときに自分の手で食べていける「手に職」は、誰もが身につけておくべきです。

 

その点動画編集は、正しいステップで行動すれば、1ヶ月でも稼げるようになります。

 

もちろん、誰でも1ヶ月で確実に、というわけではありません。ですが、動画編集はスキル習得の難易度が高くなく、未経験でもできる案件が多いため、短期間でも努力が報われやすい分野です。

 

「1ヶ月で人生を変えたい」とあなたが本気で思うなら、動画編集スキルを学んでみてはいかがでしょうか?

 

今日から行動すれば、1ヶ月後には、人生が大きく変わり始めたことを実感できるでしょう。

 

人気記事動画編集スクール・講座おすすめ人気ランキング8選比較!評判も紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。